No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement
No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki


「アトラスへの道筋(The Atlas Path)」はメインミッションのひとつ。

-アトラスシードを回収する-[]

MISSION.ATLAS.png

赤いステーションに搭載されたアトラスインターフェースを発見した。
聞いたこともないような声で話しかけられる。「種」を求めている。
力ずくで服従させられた気分だ。

ミッションの開始と進展[]

11個のアトラスステーションを巡るミッション。

アトラスステーションはごく一部星系にのみ存在している、特殊な宇宙構造物。スペースアノマリーポーロに訊けば、ひとつ場所を教えてもらえる。ポーロとの会話直後には何も起こらないが、のち宇宙に出てギャラクシーマップを開くと、近くのアトラスステーションが検知される。

当該星系へ向かい、アトラスステーションに入港し、奥にある「アトラスインターフェース」を通してアトラスと対話すると、従うかどうかの選択肢が出る。要求されるレベルまで旅のマイルストーンを満たしているのであれば、従って進展でき、キーアイテム「#アトラスシード」のレシピを入手する。

のち、再び宇宙に出てギャラクシーマップを開くと、新しいアトラスステーションの位置が通知される。ふたつめ以降の「アトラスステーションがある星系」はこれで自動的にわかる。

なお「アトラスステーションがある星系」は、いちエリアにひとつ。ギャラクシーマップのいちエリアは400光年の立方体。宇宙船または貨物船のハイパードライブ範囲が600光年ほどあれば、テンポよく巡れるだろう。宇宙船の場合、Sランクのハイパードライブモジュールを1~3個積むといい。

アルテミスミッション終了前に終わらせたほうがいいかも
  • 初回も含め、最低11回はワープすることになる。詳しくはネタバレになるのでここでは伏せるが、「アルテミスミッション」の終盤にちょうどよい部分がある。
  • ただしこの「アトラスへの道筋」は、「アルテミスミッション」終了前に完了させておかないと、次のアトラスステーションが通知されなくなり、続行困難になることがある。心配なら「アルテミスミッション」の中盤「16/16」よりも前、かつ、旅のマイルストーン総合評価が「マゼラン」または「ガリレオ」になり次第、本ミッションに取り掛かり終わらせておこう。
  • なお理論上は、次のアトラスステーションが通知されなくなっても、ポータルアドレスの星系番号部分を活用することで新たなアトラスステーションへ向かえると思われる。ただそれで完遂できるかどうかは未検証。

ミッションの再開[]

アトラスへの返答を拒否した場合、本ミッションの進行はその星系で保留される。要求されるマイルストーンを満たしてから、再び向かって会話すれば進められる。

アトラスに従っても、その後に「通知済みの次のアトラスステーション」から遠く離れる移動をした場合、次の行き先を見失い、本ミッションを進行できなくなる可能性がある。ただしその移動先でも、ギャラクシーマップを開いた際、自動的に近隣のアトラスステーションが通知し直され、そちらを目指せば済むこともある。

どちらであれ、行くべきアトラスステーションがわからなくなった時は、スペースアノマリーの専門家ポーロを利用することで正常化できると思われる。ポーロと会話し、アトラスステーションをまた教えてもらって、宇宙でギャラクシーマップを開けばよい。

アトラスシード[]

アトラスステーションを訪れアトラスと対話するごとに、アトラスシードと呼ばれるアイテムのレシピを入手できる。なお、受け取るには「旅のマイルストーン」画面の最下段に表示される、累積称号が必要になる。

訪れた回数 必要累積マイルストーン称号 入手レシピ
1 パスファインダー以上 キャプチャード・ナノデ
2 ジュノー以上 飲み込まれたシェード
3 ロゼッタ以上 ノウアスフィア・オーブ
4 カッシーニ以上 ダークマター
5 ケプラー以上 ドーン・エンド
6 ドーン以上 光のジェイド
7 キュリオシティ以上 ステート・ファジュア
8 ハップル以上 ノバ・リクレイメント
9 ヴァイキング以上 モディファイド・クオンタ
10 マゼラン以上 太陽の心臓

アトラスシードのレシピ一覧[]

名前 素材1 素材2
キャプチャード・ナノデ.png
キャプチャード・ナノデ 有色金属 100 - -
飲み込まれたシェード.png
飲み込まれたシェード キャプチャード・ナノデ 1 ピュアフェライト 100
ノウアスフィア・オーブ.png
ノウアスフィア・オーブ 飲み込まれたシェード 1 イオン化コバルト 100
ダークマター.png
ダークマター ノウアスフィア・オーブ 1 磁化フェライト 5
ドーン・エンド.png
ドーン・エンド ダークマター 1 有色金属 25
光のジェイド.png
光のジェイド ドーン・エンド 1 100
ステート・ファジュア.png
ステート・ファジュア 光のジェイド 1 カドミウム 100
ノバ・リクレイメント.png
ノバ・リクレイメント ステート・ファジュア 1 エメリル 100
モディファイド・クオンタ.png
モディファイド・クオンタ ノバ・リクレイメント 1 インジウム 100
太陽の心臓.png
太陽の心臓 モディファイド・クオンタ 1 100

ミッションの終わり[]

10番目のアトラスステーションで最後のアトラスシードのレシピを受け取ったあとは、ギャラクシーマップを開いた際に、11番目のアトラスステーションがある星系を通知される。

11番目のステーションには特別な台座が設置されている。周囲の装置を順に起動すると、中央の台座が有効になる。持っている「太陽の心臓」ひとつを消費して中央の台座にインタラクトすると「新しい星を生む」かどうかの選択になる。

  • このミッションは2種類あり、以前からの引き継ぎデータでは台座が出ない初期バージョンが出てくることがある。初期バージョンでは「太陽の心臓」を捧げても消費されない。現行バージョンでは消費される。

「新しい星を生む」を選択すると「星の種」のレシピを入手できる。

  • 選択しなかった場合は手に入らないが、入手の機会が完全に失われたわけではない。再びアトラスステーションに入りインタラクトする機会があれば、そのときまた改めて選択し直し、手に入れることが出来る。
  • なお選択しないメリットは、v3.68現在とくに何も無さそう。

「新しい星を生む」を選択しても選択しなくても、以降「ブラックホールがある星系」をギャラクシーマップで判別できるようになる。「星の種」の有無は無関係。

ミッションのその後[]

星の種」は、エクソスーツにインストールするテクノロジーの一種。プレイヤーの主体力(画面左上、シールドゲージの下に表示されるプラスマーク)がひとつ増えるようだが、そのほかの役割はよくわかっていない。何かの利用条件や通過条件になっている様子もない。必要になる場面は今のところ見当たらないので、嫌なら無理に入手・インストールしなくても構わない。

星の種」を得たあとも「ログ」タブに本ミッション「アトラスへの道筋」の表示は残っている。ただしミッションの詳細は、ブラックホールへ導く内容に変わっている。その状態でギャラクシーマップを開くと、ブラックホールがある星系を通知される。当該星系へワープし、ブラックホールに入り、出てギャラクシーマップを開くとまた通知がされる。計2個ほどブラックホールを通過すると、「ログ」のメインミッション欄から「アトラスへの道筋」が消滅する。

消えても消えなくても気にする必要はない
以上、本ミッションは大別して「次のステーションへ行く」「太陽の心臓を作る」「次のブラックホールへ行く」「消えてなくなる」という4つの状態に変わりうるのだが、この変わる条件・イベントの挙動にやや怪しい部分がある。
  • 星の種」をもう得ているのに次のステーションを通知されたり、アルテミスミッション「浄化」中の選択肢(ネタバレ)ののち突然消えてなくなったりする。かと思うとまた復活したりもする。
長らく、本ミッション完遂の成果と呼べるものは「ギャラクシーマップブラックホールを判別できるようになる」「星の種のレシピを得る」のふたつだけ。そこから先は用意されていない。
  • 本ミッションは、かつては「ブラックホールを乗り継ぐことで銀河の中心まで効率的に向かえるようになる」…銀河中心までの大移動という難事業に現実味のあるショートカット方法を解禁してくれるものだった。だがv3.6現在では、あまり意味のあるシステムではなくなっている(v2.0でスペースアノマリー星間ターミナルが使用可能になり、v3.0でポータルの制約が撤廃されて、ブラックホールの利用価値は減っている)。
事実上、本ミッションは「星の種」のレシピを貰ったところで、やり切ったものと思っていい。次のアトラスステーションが通知されようが、次のブラックホールが通知されようが、「ログ」に本ミッションがあろうがなかろうが、ほかに行うべきことがあるわけではないので無視して構わないだろう。
Advertisement