No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement
No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki

ギャラクシーマップ(Galaxy MapNo Man's Sky 作中世界の立体地図。

ギャラクシーマップ.jpg

概要[]

無数の星系が延々と表示される途方途轍もないインターフェース。

大局的には銀河中心へのロードマップだが、実際もっぱらには近隣星系へ移動するための画面。

宇宙船では、宇宙空間にてクイックメニュー(十字キー下)のうず巻きマークを選択すると開く。

貨物船では、艦内のブリッジにある「貨物船ワープマップ」端末で開く。フリゲート遠征担当者の逆側。

操作方法[]

開いた直後は、現在地点の星系が#ロックオン状態になっている。

共通[]

凡例 - PS4パッド時 // マウス&キーボード時

十字キー左右 // Left, Right
#目的地ルート表示機能の切替え
十字キー上下 // Up, Down
#検索条件フィルター表示機能の切替え
△ボタン // R
#星系情報ポップアップを詳細表示/簡易表示に切替え
タッチパッド押し込み // T
#各種マーカー等を非表示/表示
OPTIONボタン // MまたはEsc
ギャラクシーマップを閉じる


ロックオン状態[]

(仮称)
ギャラクシーマップを開いた直後の初期状態。またはワープ実行直前の場面。
ある星系を選択・注視している状態。恒星のまわりに惑星の軌道が表示されている。
この状態ではルートに沿ったフォーカスしかできない。必要に応じて#フリールック状態へ切替えよう。

〇ボタン // 右クリック
選択解除。#フリールック状態にする
×ボタン長押し // 左クリック長押し
ワープ実行
□ボタン // F
#カスタムマーカーWeypoint)の設置/取消し
右スティックを長く倒す // 右ドラックのち左クリック長押し
選択中の星系から伸びるルート上を移動
R3ボタン // BackSpace
現在地の星系へ戻す
左スティック // WASD
視点を前後左右へ回り込ませる
L2ボタン/R2ボタン // Q/E
視点を下/上へ回り込ませる


フリールック状態[]

特定の星系を選択していない状態。ルートに関係なくフォーカスを動かせる。
迷子になってしまった時は丸ボタンでリセットしよう。

左スティック // WASD
前後左右へ移動
L2ボタン/R2ボタン // Q/E
下/上へ移動
右スティック // マウス上下左右
上下左右を見回す
〇ボタンまたはR3ボタン // BackSpace
現在地の星系へ戻し、かつ#ロックオン状態にする
×ボタンを短く押す // 左クリック
フォーカスしている(#星系情報が出ている)星系を#ロックオン状態にする
長押しするとワープ実行になるので注意
×ボタン長押し // 左クリック長押し
ワープ実行


表示切替[]

ギャラクシーマップには「ある行き方を示してもらう機能」と「ある観点から星系たちを見る機能」がある。

目的地[]

Destination」。特定分野の経路が提案・表示される機能。十字キーの左右で切替可能。
あくまでも参考程度のもの。ルートは600光年ぶんしか表示されないため、それ以上の遠くを目指すには向かない。全く表示されなくなることもある(セーブ&ロードの直後などに起こる)。
数千光年以上を征くつもりなら、これらのルートだけに囚われず、ポータルブラックホールの活用をも検討しよう。

ギャラクティックコア[]

銀河の中心を目指すルート。
  • 何百万光年という距離をこの通りに進んでいくのは現実的ではない。このルート通りに行くのは最終局面だけでいいだろう。
  • 中心へ突入する最後のワープには特別なルールが存在する。詳しくは→銀河の中心(ネタバレ注意)

自由に探索[]

近くの星系同士を適当に結ぶルート。
  • 発見済みの星系同士には白いルートが敷設される。これらが優先されてしまい、#ロックオン状態では行きたい方向に移動しにくいだろう。適宜#フリールック状態に切替えよう。

カスタムマーカー[]

Custom Waypoint」。ギャラクシーマップ用カスタムマーカー(を付けた星系)を目指すルート。
  • マーカーはプレイヤーの任意で付けられる。#ロックオン状態で四角ボタン。もしくは「ディスカバリー」で星系の行にカーソルを乗せR3ボタン。
  • 紛らわしいが、惑星上でのカスタムマーカー(Custom Marker分析レンズから使える、空から杭が降ってくるアレ)とは別物。無関係。

ブラックホール[]

検知したブラックホールを目指すルート。

アトラスステーション[]

アトラスステーションがある星系を目指すルート。

現在のミッション[]

Current Mission」。ミッションログで選択しているミッションの、活動現場となる星系を目指すルート。


検索条件[]

Filter」。各星系の属性を早見できる機能。十字キーの上下で切替可能。

検索条件なし[]

通常の状態。恒星の色がわかる。詳しくは→#恒星の色と星系の種類

経済状況フィルタ[]

#経済状況がわかる(赤:発電、橙:鉱業、黄:製造業、緑:貿易業、水色:ハイテク、青:科学、紫:先進マテリアル)
宇宙船経済状況スキャナーがあると選択できる。

紛争状況フィルタ[]

#紛争状況がわかる(赤:高、黄:中、緑:低)
宇宙船紛争状況スキャナーがあると選択できる。

生命体フィルタ[]

#主要な生命体がわかる(赤:ヴァイキーン、黄:ゲック、水色:コーバックス、白:ほぼ無人)


各種マーカー[]

各星系には、条件によって強調やアイコンが点く。それぞれの意味について。

!現在のアイコンは違うかもしれません
下記はv3.3前のまとめです。v3.3以後、各種マーカーは新たなデザインに変わりました(調査できていません。しかし表示条件など機能上、大筋の違いは無いようです)。ご不便をおかけしますが、下記の図案説明は適宜、実際のプレイ画面表示に応じてお読み変え下さい。
白い枠で囲まれている恒星
過去に行ったことがある星系
人間の胸から上(白黒)
自分の現在地
凹(赤白)
自分の基地がある星系
左向きの舟(白黒)
自分の貨物船が今いる星系
左向きの舟(青白)
自分の遠征中フリゲートが今いる星系
アンテナ(白黒)
#カスタムマーカーを付けた星系
星(白黒)
ブラックホールがある星系。ある条件を満たすと判明する
穴のあいたクサビ型(白黒)
アトラスステーションがある星系。ある条件を満たすと判明する
その他
各種ミッションがある星系や、マルチプレイ関連など


銀河略図[]

(仮称)
画面左上に表示されている渦。銀河内での位置を俯瞰的に表している。

光点が「現在のカメラ位置」。光点の下または上にある円は縦軸の目安。

  • 円から上に白い線が伸びているなら、銀河中心よりも高い位置に居る。
  • 円から下に白い線が伸びているなら、銀河中心よりも低い位置に居る。

数値は「カメラ位置が銀河中心からどれだけ離れているか」。ゲームスタート直後は大体700,000光年前後。

宇宙は本来、外から俯瞰的に見下ろせる相手ではない。かつ作中宇宙の具体像としては「銀河中心に見える眩しい輝き」の方向と大きさ以外、道しるべとなるものが無い。…がそれではプレイヤーが進展を実感しづらいので、よりUI上わかりやすくなるよう添えらたものと思われる。

銀河があまりに巨大なため、光点も距離もまるで変わって見えないかもしれないが、実際は都度の状況がしっかり反映されている。たとえばブラックホールポータル週末ミッションといった特殊な長距離ワープの前後を比較すると、表示に大きな違いが見られる。

星系情報[]

フォーカスが当たっている星系や、#ロックオン状態の星系には、以下の情報がポップアップする。

星系名[]

自動和訳されるまでのあいだはグローバルな英名で表示される。のちカタカナ・ひらがなの表記に変わる。
誰かが過去に命名済みの星系についても、その情報が公式サーバから自動ダウンロードされるまでは規定の英名で表示される。のち、付けられた名に変わる。

エリア:エリア名[]

Region」。銀河内部は数百星系ごとに領域名が設定されている。
おもには遺棄貨物船ポータルに関わってくる概念。領域によって星系惑星の難度や遊び方が違ってきたりはしないので、一般的なプレイの範疇ではとくに気にする必要はない。詳しくは→銀河(ネタバレ注意)

距離 // スペクトル分類 // 水の存在[]

  • 現在地点からの距離
  • スペクトル分類は、現実に存在する恒星の分類法 → スペクトル分類(ウィキペディア)
    • 1桁目 - 青:O,B、黄:F,G、赤:K,M、緑:E ※緑は現実には存在しない
    • 2桁目 - 数値が小さいほど熱い
    • 3桁目 - 現実と異なるためゲーム内の意味づけは不明
  • 水の存在。星系内に海を持つ惑星があると「水」と表記される

主要な生命体[]

その星系の支配種族を示す。たいていはゲック・ヴァイキーン・コーバックスのどれか。
ほか表示が「- データなし -(- Data Unavailable-)」の場合、その星系はほぼ無人。宇宙ステーションが存在せず、惑星上に建造物も存在しない。ただし完全に無人とは限らない。海賊などは現れうる。

経済状況[]

「産業 // 売却:±n% 購入:±n% // 経済レベル」。各星系の交易品・売買価格・在庫数などに関係している。詳しくは→経済
標準では、行ったことがある星系にしか表示されない。宇宙船経済状況スキャナーがあると、未訪問の星系であっても表示される。

紛争状況[]

その星系宙域の危険度。治安の悪さであり慌ただしさ。レベルが高いほど海賊や賞金首に遭遇しやすい。またやや高めな星系ではNPCの宇宙船がいくぶん頻繁に宇宙ステーションへ入ってくる。あまりにも高すぎるとそうでもなくなる模様。
標準では、行ったことがある星系にしか表示されない。宇宙船紛争状況スキャナーがあると、未訪問の星系であっても表示される。
 
  • 平和(低1)
  • 極小(低2)
  • 静穏(低3)
  • 安穏(低4)
  • 穏健(低5)
  • 安定(低6)
  • 軽微(低7)
  • 些細(低8)
  • 脅威なし(低9)
  • 軽度(低10)
  • 散発的(中1)
  • 中程度(中2)
  • 断続的(中3)
  • 不安定(中4)
  • 対立(中5)
  • 反抗(中6)
  • 騒乱(中7)
  • 緊迫(中8)
  • 敵対(中9)
  • 暴動(中10)
  • 高(高1)
  • 危険(高2)
  • 交戦(高3)
  • 無法状態(高4)
  • 非常に危険(高5)
  • 渡航警告(高6)
  • 危機的(高7)
  • 致命的(高8)
  • 壊滅的(高9)
  • 終末的(高10)
なお「#主要な生命体#経済状況の表示はあるが、紛争状況の表示だけがない星系」には廃棄された宇宙ステーションがある。また惑星上の施設も多くが特殊な廃墟と化している。

ワープ不能理由[]

その星系へのワープができない場合、その原因が追加表示される。たいていは距離が遠すぎるか、燃料不足か、装備不足。装備不足については具体的に必要なテクノロジー名を教えてくれる。
ほか、ゲーム最序盤「目覚め」の途中では不可解な文言になるが、それはチュートリアル進行のための一時的な機能制限がされているだけなので心配しなくていい。今できることを探してやってみよう。
銀河の中心へのワープは特別な条件がいくつか存在している。できれば試行錯誤して見つけて欲しい。ネタバレが見たい場合は銀河の中心を参照。


恒星の色と星系の種類[]

#検索条件#検索条件なしにして見ると、星系には4色あることがわかる。これは恒星のスペクトルと関係している。詳しくは→#星系情報のスペクトル分類

この色には外見的・科学的な意味だけでなく、ゲームとしての意味もある。

プレイ開始地点はよくある黄色星系。を見つけられる。だがもっと希少な星系では、より高価な金属が見つかる。と同時に、嵐の過酷な惑星や、異常な様相の惑星に出くわしやすくもなっている。つまり大雑把に言って、探索の難度と驚きがやや高まる。

黄色以外の星系へ向かうには
黄色以外の赤・緑・青色星系は頭文字からRGB星系と呼ばれる。これらの星系には生物船を除きハイパードライブだけではワープできない。専用の対応装備でハイパードライブを強化する必要がある。
  • RGB星系に対応したテクノロジーには序列があり、高位のものは低位の要件も満たしてくれる。たとえば最上級である青色星系対応のテクノロジーは、赤色星系・緑色星系へのワープも可能にしてくれる。
固有の資源 宇宙船で向かう際に必要 貨物船で向かう際に必要
または
活性化銅
ハイパードライブ範囲
燃料
ハイパードライブ
ハイパードライブ範囲
燃料
貨物船ハイパードライブ
カドミウムまたは
活性化カドミウム
ハイパードライブ範囲
燃料
ハイパードライブ
カドミウムドライブ以上
ハイパードライブ範囲
燃料
貨物船ハイパードライブ
拡張ワープシールディング以上
エメリルまたは
活性化エメリル
ハイパードライブ範囲
燃料
ハイパードライブ
エメリルドライブ以上
ハイパードライブ範囲
燃料
貨物船ハイパードライブ
クロマティックワープシールディング以上
インジウムまたは
活性化インジウム
ハイパードライブ範囲
燃料
ハイパードライブ
インジウムドライブ
ハイパードライブ範囲
燃料
貨物船ハイパードライブ
テンポラルワープコンピューター


履歴[]

  • Atlas Rises v1.3 - マップ全体が刷新され、経済・紛争といった要素が追加された。またそれらを閲覧できるようになる宇宙船用テクノロジー、経済状況スキャナー紛争状況スキャナーが追加された。
  • The Abyss v1.7 - 水を持つ惑星の有無が表示されるようになった。
  • Beyond v2.03 - 見た目に手が入った。操作全般は変わっていないが、アンビエントマルチプレイ向けの機能(他プレイヤー滞在地を探すための「近隣の星系を検索」操作)は廃止された。
  • Synthesis v2.21 - 貨物船も宇宙船同様に、RGB星系へのワープは対応する装備が必要になった。ただし宇宙船とは異なり、上位装備が下位星系へは対応していなかった。このため最終的に貨物船へは3色ぶん全てを持たせる必要があった。
  • Desolation v2.6またはv2.61? - 貨物船も宇宙船同様に、上位装備が下位星系へも対応するようになった。またロスト・イン・スペースから得られるアップグレードモジュールによって貨物船の最大ワープ距離を引き上げられるようになった。
  • Expeditions v3.3 - HUDのデザイン変更にともなって、各種マーカー(アイコン)が変更になった。