ユークリッドの銀河の中心

ギャラクティックコア(Galactic Centre[1])とは銀河の中心、プレイヤーが目指す最終目的地。ギャラクシーマップの中心部にあたる。

ネタバレ注意!!

概要[編集 | ソースを編集]

本作の宇宙はひとつの銀河内であり、その中心部がギャラクティックコア。ギャラクシーマップでは周囲を見渡すことでひときわ明るい光として示される。この光の色は銀河ごとに異なる。

中心に到達すると、次の銀河系の外側の星系へと移動し、再び中心を目指すことになる。どこまで銀河を進められるかを極めるのも本作の目的の一つ。

中心に至る方法[編集 | ソースを編集]

ブラックホールを利用する(正攻法)[編集 | ソースを編集]

特定の星系にはブラックホールがあり、これを利用することによりブラックホールワープができる。中心までの距離を約6000光年程度縮めることができる。
ブラックホールの位置はスペースアノマリーを訪問すればポーロに示してもらえるが、それを百数十回も繰り返す気にはならないだろう。ブラックホールを手軽に利用できるようにする必要がある。
メインミッション「アトラスの道筋」をクリアすることによって、ギャラクシーマップ上にブラックホールのある星系にマークが表示されるようになる。まずはこちらをクリアしよう。

メインミッション「アルテミスミッション」のクリア[編集 | ソースを編集]

クリアすることでストーリー内で中心に到達したことになる。この場合次に進む銀河を選べる。サバイバルモード・パーマネントデスモードでは中心に到達することによりトロフィーを取得できるが、アルテミスミッションを利用することで比較的容易に達成できる。
ただしアルテミスミッションで移動できるのは一度きり。

スペースアノマリーを利用したショートカット[編集 | ソースを編集]

スペースアノマリーの星間ターミナルはコミュニティハイライト!の基地や基地に訪れた別のプレイヤーの基地に行くことができる。その基地がたまたま中心付近にあればショートカットとなる。別の銀河であればそこを探索できる。ただし中心に到達せずテレポートで別の銀河に進んでもストーリー的には銀河を超えた扱いにならない。
コミュニティハイライト!の基地はたまに更新されるので、時期によってはちょうどよい基地がないかもしれない。

ポータルを使ったショートカット[編集 | ソースを編集]

v3.0よりポータルで飛んだ場合の制約が撤廃され、通常通り探索ができるようになった。そのため中心近くの星系にポータルで移動するだけで手軽に中心に向かうことができる。
ポータルアドレスのフォーマットは次のようになっている
  • [P] [SSS] [YY] [ZZZ] [XXX]
    • P=惑星番号 / S=星系番号 / Y=座標 / Z=座標 / X=座標 ※Y座標が2桁なのは銀河の厚みを表す部分のため
惑星番号や星系番号は1番にしておけばいいだろう。座標について、銀河は一辺400光年の立方体で区切られており、このYYZZZXXXは領域の位置を表す。原点は銀河の中心でY=00, Z=000, X=000。中心から3000光年まではポータルアドレスがエラーとなる。そのためY・Z・X座標をいずれかまたはすべて8する。すると中心から3200~3600光年という中心付近の領域に飛ぶことができる。おそらくすべての銀河で使えると思われる。数値からグリフへの変換は、Galactic Atlasの「FIND MY LOCATION」からできる。
  • Y=00, Z=008, X=000のとき「100100008000」となる。クリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動します
  • Y=00, Z=010, X=000のとき「100100010000」となる。クリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動しますクリックするとGalacticAtlasサイトに移動します
    • 中心から6400~6800光年の位置になるが、ポータルグリフ「0:PORTALSYMBOL.0.png」と「1:PORTALSYMBOL.1.png」の2種類だけで飛べる。
  • P=?, S=00?, Y=00, Z=00?, X=000のとき「?00?0000?000」となる。?部分は8以上(8:PORTALSYMBOL.8.png」)の任意のポータルグリフ。2~7のグリフしか無ければ「?00?000?0000」でやってみよう。Galactic Atlasの「FIND MY LOCATION」でポータルコードを作成しよう。
    • 「0:PORTALSYMBOL.0.png」は必須だが、もう一つのポータルコードは他のものでもいい。惑星番号「P」は6以上の値を入れてもその星系の最も大きい惑星番号に丸められる。5万光年以内には移動できるだろう。
  • マイナスの座標表現は2の補数となっており、少々面倒なので割愛する

注意点[編集 | ソースを編集]

最後のワープの条件[編集 | ソースを編集]

中心部の周囲3000光年は何もない空間になっている。3000光年というのは普通の宇宙船のワープ性能を上回っている。このワープは特別な手順を踏むことでワープ性能と関係なく可能になる。アップグレードモジュールを厳選して3000光年を超えられる宇宙船を作れということではない。
  • このワープはルートの終端の星系からしか行えない。

    ギャラクティックコアルートの終端星系のひとつ

    中心付近でギャラクシーマップを開き、目標を「ギャラクティックコア」にすると、ルートが途切れる「終端星系」が見つかる。ここにワープしよう。
    • ただし終端星系が赤・緑・青色星系の場合で、宇宙船に拡張ドライブがついていないと終端星系の手前でルートが終わっているように見えるので注意。ここまで旅してきた宇宙船にインジウムドライブがついていないということはないと思うが、何らかの方法でショートカットしてきた人は注意。
  • この星系でギャラクシーマップを開き、再び目標を「ギャラクティックコア」にすると、銀河の中心に直接繋がるルートが表示される
  • 中心を選択にするには、まず目標を「ギャラクティックコア」にした状態で星系を選択したままで、つまり自由に移動できない状態にする。そして次の操作を行う。
    • パッドの場合、ルート方向にしばらくレバーを倒し続ける
    • キーボード・マウス操作の場合、マウスで飛び先を指定できる黄色いマーカーを航路線に乗せ、左クリックを長押しする
    • 最初は全く反応がないように見えるが、数秒続けると長押しゲージが出てきて中心を選択できる。
  • このワープにはワープ燃料の100%チャージが必要だ。チャージされていないと燃料不足となる。ワープ距離の性能には関わらないので必要最低限のテクノロジーを搭載し、すべてテクノロジースロットに移動した突入用の宇宙船を用意しよう。
  • また銀河によっては赤・緑・青星系に飛べる拡張ドライブも必要。必要なドライブは銀河によって異なるが最上位のインジウムドライブを搭載すれば条件を満たせる。なおユークリッドの中心は拡張ドライブは必要ない。
  • なお貨物船によるワープでも中心を超えることが可能。この場合も故障するのは現在選択している宇宙船になる。貨物船は故障しない。これを利用して適当な墜落船を最低限の修理だけを行って拾って来てから、ワープの為だけの一種の身代わりとする事も可能には可能だがあまりオススメはできない。

中心部に向かう前にやっておくこと[編集 | ソースを編集]

  • バックアップはしておこう。大抵の問題は修正されているがトラブルも残っている。いつでもやり直せるようにバックアップを取っておこう。
  • 銀河の中心を超えると船やエクソスーツやマルチツールのすべてのテクノロジーが破損してしまう。宇宙船は惑星上のちょっと離れた位置に破損状態でリスタートとなる。しかしテクノロジースロットにあるものは破損しない。
    • 宇宙船やマルチツールで破損が発生するのは現在選択しているもののみなので、中心に突入用の宇宙船と壊れても良いマルチツールを用意しよう
    • 宇宙船は発進不能だと切り替えや呼び寄せができないので、突入用の宇宙船は発射エンジンパルスドライブをテクノロジースロットに移しておこう。マルチツールは壊れたまま放っておいてもよい。切り替えればすぐに復帰できるはずだ
    • 危険な惑星からはじまる可能性もある。準備無しで越えてしまったらスキャナー・分析レンズの回復を素早く行って、宇宙船に向かおう。

銀河を越えて持ち越せるもの[編集 | ソースを編集]

  • ほぼすべて。v2.21よりテレポートリストも持ち越せるようになった。

銀河を越えると持ち越せないもの[編集 | ソースを編集]

  • ミッションボードの進捗。報告まで進めていてもリセットされ最初からになる。

ユークリッドへの帰還について[編集 | ソースを編集]

  • 銀河の数は全部で255個。256個目でユークリッドに帰還できるが、v2.0以降は手軽にテレポーターで銀河間の移動ができる。もしテレポートリストに残っていなくてもユークリッドであればスペースアノマリーの星間ターミナルをつかって他人の基地やコミュニティハイライト!経由で戻ってこられる。いまや、先の銀河に進むのに躊躇する必要はなくなっている。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. Centreはイギリス英語の綴り。本作の開発会社Hello Gamesはイギリスの企業
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。