Fandom


ギャラクティックコア

ユークリッドの銀河の中心

ギャラクティックコア(Galactic Core)とは銀河の中心、プレイヤーが目指す最終目的地。ギャラクシーマップの中心部にあたる。

ネタバレ注意!!

概要編集

本作の宇宙はひとつの銀河内であり、その中心部がギャラクティックコアとなっている。ユークリッド銀河の中心はスタート地点から約75万光年離れている。この距離はギャラクシーマップの左上に表示されている。またギャラクシーマップで周囲を見渡すことでひときわ明るい光として示される。この光の色は銀河ごとに異なる。

初期の宇宙船や貨物船は100光年しかワープできないが、高いワープボーナスをもつ機体を強化することにより、2000光年以上のワープが可能になる。しかしギャラクシーマップで表示されるギャラクティックコアに向かうルートは600光年までしか描かれないため、性能を活かすにはルートに寄らず明るい光を頼りに進んでいく必要がある。

特定の星系にはブラックホールがあり、これを利用することにより約6000光年程度のブラックホールワープができる。ブラックホールの位置はスペースアノマリーの訪問で示してもらえるが最も近いものだけが表示されるので効率が悪い。アトラスルートをクリアすることによりギャラクシーマップ上にブラックホールが表示されるようになるので、2000光年先のブラックホールに向かえるようになる。

つまり、アトラスルートをクリアし、ワープの性能を活かしつつブラックホールも利用するのが一般的な手段と言える。それでも1セットで8000光年程度である。中心に向かうにはかなりの根気が必要だ。

メインミッションをクリアするとギャラクティックコアまで行かなくても到達したことになる。この場合次に進む銀河を選べる。一度きりの機会なのでよく考えて選択しよう。
サバイバルモード・パーマネントデスモードでは中心に到達することによりトロフィーを取得できるが、メインミッションを利用することで比較的容易に達成できる。

ギャラクティックコアに到達すると、次の銀河系の外側の星系へと移動し、再び中心部を目指すことになる。この時様々なリスクが発生するので注意が必要。

抜け道編集

v1.57以降はポータルを利用してショートカットする方法は使えなくなっているが、マルチプレイを利用して中心付近で遊んでいるフレンドのセッションに参加するという方法がある。そのようなフレンドがいる人に限られるが、マルチプレイメンバーを募る方法にも使えるかもしれない。

注意点編集

自力で銀河の中心に到達した人が最後のワープをするための条件編集

  • 中心部の周囲3000光年は何もない空間になっており、強化したハイパードライブでも越えることはできない。目の前に中心があるのにワープができないという問題に直面する
  • 最後のワープを行うための条件①
    • 特定の星系にいること。ギャラクシーマップで目的地をギャラクティックコアにしたとき、中心部と直接ルートが繋がっている星系にいなければならない。
  • 最後のワープを行うための条件②
    • ハイパードライブの燃料は100%チャージしておく必要がある。
  • よく誤解されていること
    • インディウムドライブが必要だと誤解している人が多いが、最後のワープは性能を無視したものになっていて、強化は一切必要ない。買ったばかりの格安シャトルでもOK。

中心部に向かう前にやり残したことはありませんか?編集

  • 何が起こってもいいようにバックアップはしておこう。基本的に前の銀河に戻ることはできない。
    • メインミッションの場合「浄化」でポータルに入る前にバックアップと準備を済ませておく。面倒になってそのまま移動してしまわないように。
  • 面倒でも基地はすべて撤去しておこう
    • 基地復旧カプセルは48スロットで1スロット2000スタックのゲーム内最大の貯蔵庫である。惑星基地を削除する際、建物を残しておくと半分の資源が基地復旧カプセルに格納される。端数は切り捨てだが、これを利用すると大量の資源を次の銀河に持ち越すことができる。
  • 銀河を超える際に船やエクソスーツやマルチツールのすべてのテクノロジーが破損する。宇宙船は惑星上のちょっと離れた位置に破損状態でリスタートとなる。
    • 破損が発生するのは選択中の宇宙船のみなので、壊れてもいい宇宙船に乗り換えておく。発進エンジンの燃料は十分にチャージしておこう
    • テクノロジースロットにあるテクノロジーは破損しないがシナジーを考えると都合のいい配置にはできないだろう
  • エクソスーツに応急修理のための資源を持っておこう
    • 修理には大量の資源が必要になる。宇宙船は離れた位置で始まるので、エクソスーツの積み荷スロットに資源を満載しておこう。テクノロジーモジュールは20個程度持っておこう。

銀河を越えて持ち越せるもの編集

  • 貨物船と貨物船基地の中身、フリゲート艦隊、エクソクラフト
  • 所持金やナノマシンクラスター・水銀、コンテナの中身、覚えたレシピ
  • 基地のスペシャリストはターミナルを設置すれば戻ってくる
  • 基地復旧カプセル

銀河を越えると持ち越せないもの編集

  • 宇宙ステーションや惑星基地へのテレポートリスト。
  • 惑星基地。戻れなくなるだけで撤去されるわけではない。
  • 未報告のミッションは進捗はリセットされ最初からになる。報告可能なものは報告しておこう。また必ずリセットがうまくいくとも限らない。「基地コンピュータアーカイブ」など前の銀河に残した基地があるとそちらを指す不具合が出る。
  • フリゲートの遠征の進捗はリセットとなるが新たな銀河でそのまま続行する。

銀河を越えた後に起こること編集

  • 危険な惑星からはじまる可能性もある。エクソスーツの基本機能の回復、シールドの回復、マルチツールのスキャン・解析バイザーの回復を素早く行って、宇宙船に向かおう。
  • 宇宙船にたどり着いたら、パルスエンジンと発進エンジンを修理して、いつもの宇宙船に乗り換える。宇宙に出て貨物船を呼び出して乗り換える。
  • 宇宙に出たら最初は宇宙ステーションに向かおう。テクノロジーモジュールを補充して、残りの装備の修理を行おう。
  • 惑星基地を再建し、スペシャリストやエクソクラフトを呼び戻そう。
  • 新たな銀河での生活が始まる。

ユークリッドへの帰還について 編集

  • 銀河の数は全部で255個。256個目でユークリッドに帰還できる。ユークリッドのテレポートリストが復活し、残してきた基地に戻ることができる…らしい。しかし255もの銀河を越えるのは現実的に達成できるものではない。改造が可能なPC版でセーブデータを直接編集するしかないだろう。CS版では戻れないものと考えよう。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。