Fandom


ギャラクティックコア

ユークリッドの銀河の中心

ギャラクティックコア(Galactic Centre[1])とは銀河の中心、プレイヤーが目指す最終目的地。ギャラクシーマップの中心部にあたる。

※注意

マルチプレイの状態で銀河を越えるとセッションの参加者に問題が起こるケースがあるようです。マルチプレイではバックアップを取るタイミングが難しいと思いますが、必ず取るようにしましょう。

ネタバレ注意!!

概要編集

本作の宇宙はひとつの銀河内であり、その中心部がギャラクティックコア。ギャラクシーマップでは周囲を見渡すことでひときわ明るい光として示される。この光の色は銀河ごとに異なる。

特定の星系にはブラックホールがあり、これを利用することにより約6000光年程度のブラックホールワープができる。ブラックホールの位置はスペースアノマリーの訪問で示してもらえるが効率が悪い。アトラスルートをクリアすることによりギャラクシーマップ上にブラックホールが表示されるようになる。中心を目指すならアトラスルートをクリアし、ブラックホールを手軽に利用できるようにすることが重要。あとは機械のようにワープとブラックホールを繰り返す必要がある。中心に向かうにはこれを半日以上かけて行うことになる。

別の方法として、アルテミスミッションをクリアすることでも中心に到達したことになる。この場合次に進む銀河を選べる。これは一度きりの機会なのでよく考えて選択しよう。サバイバルモード・パーマネントデスモードでは中心に到達することによりトロフィーを取得できるが、このミッションを利用することで比較的容易に達成できる。

ギャラクティックコアに到達すると、次の銀河系の外側の星系へと移動し、再び中心部を目指すことになる。銀河を越えてどこまで進めるかを極めるのも本作の目的の一つ。

銀河の中心を目指す宇宙船編集

重要なのは実はワープ距離を最大限に延ばすことではなく、いかにブラックホールで故障を起こさないかだ。ワープできる距離は600光年もあれば十分。ギャラクシーマップを奥まで進めなくても何も考えずにブラックホールを繰り返し利用できる。 問題はスペースレスキューが発生してしまった場合。v2.0以降はゲーム再起動でスルー出来ないため、パルスエンジンを強化しておきワープ可能距離まで振りきらなければならない。もちろん武装を強化する方向性もある。

戦艦タイプ
大型タイプ。Sクラスである必要はない。テクノロジースロット8スロット以上。
  • テクノロジースロットの内訳:ハイパードライブ、ハイパードライブモジュールx2、発射エンジン、パルスエンジン、パルスエンジンモジュールx3
    • BEYOND以降はテクノロジーの再配置が可能になったので、三つのエンジンをテクノロジースロットに入れて守ることができる
    • テクノロジースロットがフルの12あれば、ポジトロンインジェクター、フラグメントスーパーチャージャー、ポジトロンモジュールx2も載せてたまには海賊相手に気晴らしできる
    • SYNTHESIS以降はテクノロジースロットを増やすことで武装を強化できる

注意点編集

最後のワープの条件編集

中心部の周囲3000光年は何もない空間になっている。3000光年というのは宇宙船のワープ性能を上回っており、普通に考えればワープできない。
  • ギャラクシーマップで目標を「ギャラクティックコア」にすると、ルートが途切れる星系がある。まずはここにワープする
  • この星系でギャラクシーマップを開き、再び目標を「ギャラクティックコア」にすると、銀河の中心に繋がるルートが表示される。このルートを進むことで中心をワープの目標にできる
  • ワープ燃料を100%チャージにするとワープ可能になる。このワープは宇宙船のワープ性能に関わらない
    • なお貨物船によるワープでも中心を超えることが可能。この場合も故障するのは現在選択している宇宙船になる。貨物船は故障しない。

中心部に向かう前にやっておくこと編集

  • バックアップはしておこう。大抵の問題は修正されているがトラブルも残っている。いつでもやり直せるようにバックアップを取っておこう。
  • 銀河の中心を超えると船やエクソスーツやマルチツールのすべてのテクノロジーが破損してしまう。宇宙船は惑星上のちょっと離れた位置に破損状態でリスタートとなる。しかしテクノロジースロットにあるものは破損しない。
    • 宇宙船やマルチツールで破損が発生するのは現在選択しているもののみなので、中心に突入用の宇宙船とマルチツールを用意しよう
    • 宇宙船は発進不能だと切り替えや呼び寄せができないので、突入用の宇宙船は発射エンジンパルスドライブをテクノロジースロットに移しておこう。マルチツールは壊れたまま放っておいてもよい。切り替えればすぐに復帰できるはずだ
    • 危険な惑星からはじまる可能性もある。準備無しで越えてしまったらスキャン・解析バイザーの回復を素早く行って、宇宙船に向かおう。

銀河を越えて持ち越せるもの編集

  • 所持金やナノマシンクラスター・水銀、覚えたレシピ
  • 貯蔵コンテナ・基地復旧カプセル・栄養プロセッサの材料保管庫の中身
  • 惑星基地のテレポートリスト※銀河を超えても自分の基地は利用可能
  • 宇宙船コレクション、貨物船と貨物船基地の中身
  • フリゲート艦隊、基地のスペシャリスト
  • フリゲートの遠征は新たな銀河でそのまま続行する。
  • テレポートリストはv2.21よりすべて持ち越せるようになった

銀河を越えると持ち越せないもの編集

  • ミッションボードの進捗。報告まで進めていてもリセットされ最初からになる。

ユークリッドへの帰還について編集

  • 銀河の数は全部で255個。256個目でユークリッドに帰還できる。とはいえv2.0以降はスペースアノマリー経由で頻繁に戻ってくるので気にする必要はない。

注釈編集

  1. Centreはイギリス英語の綴り。本作の開発会社Hello Gamesはイギリスの企業
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。