Fandom



メインミッション「ゴースト・イン・ザ・マシーン(Ghosts in the Machine)」は、「星々の中で独り(Alone Amidst the Stars)」ミッションを完了した後に始まる。アルテミスミッションの一部。完了すると「暗闇の跳躍(A Leap in the Dark)」ミッションに進む。

アトラスへの道筋も開始している。

-冒険者アポロ-編集

プレイヤーはアルテミスの残した通信を頼りに、第二のトラベラー「冒険者アポロ」と出会う。

アポロと協力し、事態の鍵を握るセンチネルに駆け引きを挑むことになる。

1 編集

アルテミスの身に恐ろしいことが起きたらしい。何者かに取り囲まれた後、通信が途絶えてしまった。

それは皮膚に「ガラスの種」を埋め込んだような奇妙な姿をしていたらしい。

かろうじて「アポロ」という人物に向けて発信されたことがわかっている。

その人物が敵か味方かはわからない。

1.ミッションが「スペースアノマリー(ミッション)」に切り替わる
1.ナーダにアルテミスの信号が途絶えたことを伝え、ポータルについて尋ねる
ナーダが言うにはアルテミスは空間の狭間に落ちてしまったという。そこがこのスペースアノマリー内の基地のある場所でもあるらしいのだが。そしてナーダはこの「アポロ」なる人物は知らないという。会話が終わるとナノマシンクラスターと水銀が入手できる。
2.ポーロにポータルについて尋ねる
多くが畏敬の念を払うポータルについて、ポーロはただのデバイスだという。それは理解して、模倣し、発展するためにこの宇宙が用意したものだという。
3.アルテミスとアポロの捜索を続ける
ミッションを「ゴースト・イン・ザ・マシーン」に戻そう
2.ホロターミナスを見つけて起動する
スキャンをかけ、マーカーの付いたポイントへ向かう。ホロターミナスを起動し、アポロと会話する。

2 編集

アルテミスの失踪はセンチネルと関係があるかもしれないと、アポロが示唆した。

そして協力しようと持ち掛けてきた。

センチネルがポータルネットワークを使う時、後を付けて中に潜り込めば、

アルテミスを助けに行く途中で、すごい秘密を暴くことができるかもしれない…

1.アポロの協力者を見つける
アポロの協力者が基地の建設と拡大をサポートしてくれる。会って詳細を確認しよう。
宇宙空間でギャラクシーマップを開けば、協力者の現在位置がわかる。ワープの必要があるのでワープセルがなければ作成しよう。なお、ギャラクシーマップを開くとアトラスステーションの座標も取得するが、表示コースを現在のミッションにして協力者を訪ねよう。
協力者は宇宙ステーションにいる。会話が終わったらテレポーターで「目覚め」で作った基地に戻ろう。
エクソスーツに環境保護のシールドを加えるアップグレードモジュールと、基地を発展させるための建設ターミナルのレシピを習得する。
2.基地に戻る
テレポーターで基地に戻り、建設ターミナルを設置する。
素材には、有色金属×40、ピュアフェライト×25が必要。
設置するとサブミッション基地の拡張が開始する。
忘れずにサブミッション基地のコンピューターアーカイブも進めよう。貯蔵コンテナは通電しなくてもアイテムケースメニューから利用できる。
宇宙ステーションに向かうと監督官を雇うことができる。
3.新居を拡大して仲間を迎え入れる
基地の拡張を科学者を雇うところまで進めると、宇宙に出たときアポロから通信が入る。

3 編集

アポロは私に、マルチツールのテクノロジー商人から設計図を手に入れて、

装備をアップグレードするよう求めてきた。

センチネル狩りは危険な仕事だ。できるだけの準備は整えておこう…

1.ナノマシンを集める
ナノマシンクラスターを収集する
2.ヴァイキーンの星系にいるマルチツールのテクノロジートレー(ダーから設計図を受け取る)
(※ミッションの説明文が途中で切れてしまっている)
指定された星系の宇宙ステーションのトレーダーに話しかける。
宇宙に出ると謎の人物から通信が入る。
装備を整えておこう

4 編集

アポロはセンチネルを研究するため、コーバックスの施設を攻撃してドローンをおびき出したいと言う。

私はどうやら「おとり」にされるらしい…

1.宇宙船に戻りアポロと交信する
謎の人物からの通信が終わり、ミッションが更新された後に通信が入る。
2.コーバックスの施設に侵入してセンチネルの注意を引く
マーカーの付いた施設に向かう。工場扉を破壊し内部に侵入したら装置を修理し、アクセスする。(有色金属×25、ピュアフェライト×50、ソジウム×20が必要)
工場襲撃後も警戒が解けなかった場合、宇宙船でしばらく大気圏内を飛行すると警戒が解ける
アルテミスミッション:暗闇の跳躍が開始
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。