No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement


サルファリン(Sulphurine:Su)はNo Man's Sky に登場する架空のアイテム。

概要[]

バージョン1.30にて追加された資源

日本語としては何とも聞きなれない名前のアイテム。

おそらくは、イギリス英語のSulphur(アメリカ英語だとSulfur)…つまり硫黄(イオウ:S)に関係する物質と思われる。とはいえ刺激臭があるとのことなので、硫黄そのものではなく、その化合物なのだろう。元素記号も異なるので同じ物質ではない。

接尾に「-ine」とあり有機物や薬品っぽくも聞こえるがそのあたりは不明。もっとも深い意味はなく、作中宇宙ではとにかく歴史的・慣例的にガス状のコレをこう呼んでいるだけのことかもしれない。

現実世界での硫黄は、燃えやすい物質。黒色火薬やマッチの原料になった。そのイメージに連ねてか、作中世界のサルファリンは熱にまつわる品の原料となっている。

ゲーム内テキスト[]

刺激臭のある大気ガス。高濃度になると有機生命体には非常に危険。特殊な機械を用いると、焦土や砂漠の惑星の大気から抽出できる。

入手方法[]

利用用途[]

Advertisement