Fandom


ジオロジーキャノン(Geology Cannon)No Man's Skyマルチツール に搭載できるテクノロジーのひとつ。

概要編集

v1.5から追加された。

マルチツールのサブウエポンで地形破壊用のグレネード弾を射出する。プラズマランチャーとは違い地形破壊に特化している。例えば空中にいるセンチネルに撃ってもちょうど弱点に当たらなければ当たる判定がなく地面に落ちてしまう。しかし地面で爆発し、センチネルもダメージを受ける。それでもかなり有効な武器でプラズマランチャーの「地面で跳ねる」性質を持たないため安全性がやや高い。

工場の鉄扉の破壊に使用できるのはプラズマランチャーと同じ、ジオロジーキャノンモジュールで爆発半径が広がり、至近距離で自爆しやすくなるのも同様。

地形を破壊できるものの鉱脈の採取はヒット数に応じたものなので一発の爆発では効率的には採取できない。あくまでも武器の一つと考えよう。

ゲーム内テキスト編集

地形破壊技術および掘削ツール。目標にヒットすると爆発するプラズマ弾を発射する。

変動性プラズマでチャージできる。
使用時に注意を怠ると、異星の生態系を破壊し、使用者がダメージを受けることになる。

L1を押して使用する。

操作方法 編集

  • 〇ボタンでサブウエポン切り替え
  • L1で使用

レシピ 編集

購入
必要ナノマシンクラスター:150
必要素材
電磁共鳴装置:1
配線繊維:1

テクノロジー 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。