Fandom


このページでは、宇宙空間での戦闘シチュエーションを解説しています。

宇宙戦闘のコツ 編集

戦闘のコツ参照

宇宙海賊 編集

星系の宙域にプレイヤーがいる場合、円形のメーターが点灯、減少し始めることがある。

これは宇宙海賊からの襲撃を受けるカウントダウンで、メーターが減少しきると「敵の部分スキャンを確認」という警告が表示された後、海賊が出現、攻撃を加えてくる。

交渉 編集

v1.3から追加されたシステム。

「敵の部分スキャンを確認」と表示された後、画面右下に警告とカウントダウンが表示される。この時間内に、クイックメニューから「宇宙船通信機器」を選択することで、海賊と交渉が行える。選択肢は四つで、

断る
そのまま戦闘が開始される。
取り引きをもちかける
少額のユニットの支払いで済むが、海賊が受け入れるか拒絶するかは五分五分。拒絶された場合、そのまま襲撃を受けてしまう。
従う
高額のユニットを支払うはめになるが、確実に引き下がってくれる。
当局に通報する(1防衛通信ユニット)
防衛通信ユニットを消費することでシステムの管理者の強力な機体が戦闘に加勢してくれる。
AIがあんまり良くないので攻撃を当てられないことが多々ある。敵からのタゲ逸し程度にしか当てにならない。

賞金首 編集

時折現れる、賞金のかかった海賊。赤い!マークのマーカーで表示される。撃破することで表示される報酬金を受け取ることができるが、普通の宇宙海賊よりもタフで強力。

宇宙海賊同様、円形のメーターが点灯、減少しきったあとに出現する。ただしこちらは交渉が通じない。海賊と違い遠方にワープアウトして出現する。

接近すると警告が表示され、交戦状態になる。

基本的にジワジワとプレイヤーの船を追いかけてくるが、付近に貨物船団がある場合、プレイヤーを無視してそちらの襲撃に向かうことが多い。

ランクがあり、高いランクの賞金首ほど強力になるがその分報酬金も高くなる。

紛争状況レベルが危険な星系ほど出現しやすい?

貨物船防衛 編集

時折、貨物船団が救難信号を発していることがある。貨物船が海賊からの襲撃を受けている。この状態では所有する貨物船にも着艦できなくなってしまうので対処は必要だ。プレイヤーが到着すると味方船と最大6機の海賊が既に交戦状態に突入している。誤爆しないよう注意したい。 防衛に成功すると貨物船を購入できるようになる。助けない場合はさらにワープするか、宇宙ステーションでセーブしてリロード。別の星系にテレポートしてもよい。

また、ワープアウト後にプレイヤーの目前でいきなり大型貨物船が襲撃を受けているイベントが発生することがあり、こちらの場合は最大12機の海賊との交戦になる。大型貨物船はこの場合のみ出現する。

海賊行為 編集

プレイヤーが貨物船を攻撃し、積荷を奪うこともできる。

襲撃に成功すれば、多くの資源を入手できるだろう。

ただしこの行為は海賊行為とみなされ、貨物船自身からの攻撃、さらにセンチネルたちの襲撃を受けることになる。

コンテナ船を攻撃すると、星系の支配種族からの評価が下がる。

センチネルスターシップ 編集

惑星上でセンチネルに警戒されたまま宇宙空間に脱出したり、貨物船団を攻撃し積荷を破壊したりすると、センチネル戦闘機の襲撃を受ける。

並の宇宙海賊よりも強く、撃破するごとに警戒レベルが上昇、一度に出現する数を増やしながら、次々とワープアウトして現れ、攻撃を繰り返してくる。

センチネルスターシップキャリアー 編集

センチネルとの戦闘を続け、宇宙空間で警戒レベル5に達すると出現する、戦艦級センチネル。

センチネルの中でも最大級のもので、3~5体のセンチネル戦闘機を排出し続け、戦艦自身も攻撃してくる。大量の砲台を備えており、ヘタな装備では近づくだけで消し炭にされるだろう。

警戒レベルが下がると姿を消す。

撃沈時の報酬 編集

敵船を撃沈させるとその場に物資を排出する。回収すると物資や、その場で即シールド回復したりする。近づけば自分の船に吸い寄せられるが、遠いとそのまま漂うので移動しての回収は必須。

物資はレミミウムヒロックス、フリゲートを一時的に強化するアイテムが入手出来る。

海賊や賞金首の撃沈はその星系の支配種族の評価が上がる。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。