Fandom


ビルドメニュー > セーブ用ビーコン


セーブ用ビーコン(Save Beacon)No Man's Skyのビルドメニューから建築できるパーツ。


概要編集

セーブ用ビーコンはビルドメニューから建設できる。

建設後はピックアップ可能なアイテムとなる。

使用することによりマニュアルセーブができる。また設置後は目印として星系内でいつでも確認できるようになる。

惑星上に5つまで配置できる。ビーコンのカラーとマーカーカラーは対応している。

通常のマーカーよりも手前に表示されるので、基地には設置しない方がいいだろう。

v1.5~v1.77では貨物船ブリッジに設置して貨物船内でのマニュアルセーブを可能にしていた。なぜかセーブポイントは設置できなかった。

v2.03から必要素材が緩和された。日本語名が「ビーコンを保存する」とSave Beaconの直訳になり少々おかしな感じになった。貨物船には設置できなくなったが代わりに貨物船基地全域にセーブポイントが設置できるようになった。

v2.24から日本語名称は「セーブ用ビーコン」に改められた。

活用例編集

ポータルやホロターミナスなど発見の難しい設備や、Sランクのマルチツールを売っている小さな開拓地などに設置してランドマークとして活用するのが一般的な使い方だが、ゲームシステムの裏を突くような使い方もある。

  • 廃墟に設置する。廃墟の卵は惑星から通常飛行で30秒ほど離脱して戻ってくると復活する
  • 製造工場に設置する。製造工場は24時間以上経過すると復活するようだ。複数の惑星に数カ所見つけておき、あとは毎日巡回することで容易にアイテムのレシピをコンプリート出来る
  • ある程度離れた複数のオペレーションセンターに設置しておき、宇宙船で巡回しポジトロン・イジェクターでセンチネルを破壊する。簡単かつ安全にセンチネルの破壊ミッションが達成できる。着陸する必要はない
  • トラベラーの墓に設置する。他の星系などに行ってセーブアンドロードを繰り返して戻ってくると復活するようだ。メインミッションを進めずにポータルグリフを手に入れたいときに有用

ゲーム内テキスト 編集

一度起動すると、ビーコンは半永久的にナビゲーションマーカーとなる。特定の場所に繰り返し訪問できるようになる。

進捗はいつでも記録可能だ。

データ編集

  • 消費電力 なし

レシピ編集

入手方法 スペースアノマリー建設調査ステーション
必要回収データ:?
必要資源
金属プレート:2
ソジウム硝酸:15

またはピックアップしたアイテムを使用する。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。