Fandom


ビルドメニュー > ソーラーパネル


ソーラーパネル(Solar Panel)No Man's Skyのビルドメニューから建築できるパーツ。


概要編集

ソーラーパネルはビルドメニューから建設できる。

ソーラーパネルは日照量によって発電量が変わる。ただし、実際に日にあたっている必要はない。

  • 50kP必要ごとにソーラーパネルx2と電池x1を設置して運用する。日中は必要発電量の2倍発電して余剰分を電池に充電することで24時間利用可能になる。
  • 電磁気発生機と違ってホットスポットが不要だがその分大量に設置が必要になるため、レイアウトに苦労する。地下室や洞窟に設置するのも手だが、円柱状の部屋やガラスの立方体部屋に設置すると、配線不要できれいにスナップできデザイン的にも良くなる
  • ポール(地理極)付近には日が沈まない白夜の地域がある。そこでは24時間発電できる。ただし常に夕方なので発電量は25kP。探しやすいのは北極。惑星座標(90, ?)付近にある

ゲーム内テキスト 編集

エクソスーツに装着する太陽光発電パネル。

これらのパネルは生命維持システムに必要な動力を直射日光から得て、継続的に満たしてくれる。

データ編集

  • 発電量 50 kP(日中)、25 kP(日の出・日の入りの約2分間※)、0 kP(夜間)
※惑星上の位置によってこの時間は変動するようだ

レシピ編集

入手方法 スペースアノマリー建設調査ステーション
必要回収データ:8
必要資源
金属プレート:1
:30
有色金属:50
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。