No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement
No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki


概要[]

本ページでは宇宙船マルチツールエクソスーツ貨物船エクソクラフトアイテムケースに設置するテクノロジーモジュールとアップグレードモジュールを取り扱う。

ビルドメニューで設置する設備や機器も一般テクノロジー等と呼ぶ場合があるが、それらはビルドメニューで取り扱う。

テクノロジーモジュール[]

TIPS INSTALL.png

テクノロジーモジュールはテクノロジーとも言い、新機能の追加、既存機能のアップグレードをすることができる。系統の中核となるテクノロジーをコアテクノロジーという場合もある。性能は固定。設置にはレシピを習得している必要がある。インストールにはさらにレシピの要求する資源が必要。

宇宙船(生物船以外)、マルチツールエクソスーツエクソクラフトのテクノロジーのレシピの習得
スペースアノマリーの奥の部屋でリサーチする他、一部は小規模な開拓地の商人も売っている。ミッション等で入手できる場合もある。リサーチや購入の場合はナノマシンクラスターが必要。
貨物船のレシピの習得
貨物船のブリッジにある貨物船リサーチターミナルでリサーチできる。回収されたフリゲートモジュールが必要。
インストール方法
PS4ならアイテムケースの空きスロットで四角ボタン。PCならEキー。のち必要な資源を所持した状態で、資源の表示を選択決定。資源がすべて埋まればインストール完了。機能し始める。
インストールの制限
重複不可。いちテクノロジーは、いち機材ごとに1個までしかインストールできない。
自作するものはクラス表示を無視していい
「既存機能のアップグレードをする」タイプのテクノロジーモジュールは、その技術力の高さに合わせてC,B,A,Sクラスのアイコンを持っていることがある(無いものもある)。
しかしアイコンが何であれ、それらのテクノロジーは、決まった性能を決まって発揮する、かつ1つまでインストールできる、ユニークな存在。「Cなら要らない」「Sならきっと素晴しい」とは限らない。アイコンの優劣に惑わされず、個々の機能で有用性を判断しよう。
次項#アップグレードモジュールのインストール結果とまぎらわしいが、見分け方はある。
  • カーソルを乗せた際、テクノロジー名の下に薄く「○○アップグレード」「○○拡張」「○○ユニット」といった端的な要約がされている(等級の記述が無い)なら自作製。
    • 「△級 ○○ アップグレード」と等級まで要約に入っているならパッケージ製。
  • カタログに載っているなら自作製。
    • 載っていないならパッケージ製。

アップグレードモジュール[]

アップグレードモジュールは使い切りのパッケージ。対応するテクノロジーの性能を引き上げる、補助的テクノロジーをインストールできる。

使う前の消費アイテム「○○モジュール」は、同名のものであってもアイテムケースでスタックできない。使わずに溜め込めば荷を圧迫していくことになる。かといって使ってもインストール先のいちスロットを塞ぐ。必要なモジュール以外は売却しナノマシンに替えてゆこう。買えるところでは買えるものなのでさほど貴重品ではない。

使って得られる結果はランダム。出てくるテクノロジー名や性能はインストール後になって判明する。なお結果が確定したテクノロジーを「○○モジュール」状態へ戻すことはできない。

世界観的には、ナノマシン技術によって実現されている、特殊な改良パーツ群らしい。プレイヤーで自作することはできない。おもな入手方法は購入か拾得。

アップグレードモジュールの入手
エクソスーツ, エクソクラフト, 宇宙船(生物船以外), マルチツール
宇宙ステーションのテクノロジー商人から購入できる。支払いはナノマシンクラスター
ミッション生命体との会話でも得られることがあるが、不意に貰った品がちょうどインストールしたかったものであることはそうそうない。
宇宙船(生物船)
生物船に乗っているときのみ発生する宇宙遭遇によって入手する。
貨物船
サブミッションロスト・イン・スペースによって入手する。
売却も可能
テクノロジー商人へ、消費アイテムの状態のモジュールを売却できる。宇宙ステーション以外では、スペースアノマリーイテレーション:アレス惑星基地エクソクラフトエンジニアでも売却できる。
  • 長らく日本語表示では、売買画面の下取り価格が正常に表示されない不具合が起こっているが、売却自体は正常に機能している。
売るとナノマシンクラスターが得られる。購入可能なものに関しては売却も同額のようだ。
  • おおよその額は、アイテムケースにて、消費アイテム状態のモジュールへカーソルを乗せると出てくる、欄の中ごろでもわかるようになっている。長らく日本語でも英語でも、表示単位がユニットユニットになってしまっているが、実際はナノマシンクラスターナノマシンの額。
いちインストールでひとつ消費
モジュールによるインストールは、モジュール自体を消費する。レシピ習得や素材アイテムは必要ない。そのかわりインストールのつど、使うモジュールが必要。
クラスと価格
モジュールにはC,B,A,Sのクラスがあり、後者になるほど高額になるが性能ボーナスの項目数も値も高いものになる。性能差は非常に大きい。それでいて下記の個数制限はCクラスでもSクラスでも同じ。そのためSクラス以外を妥協して買う必要はあまりない。
  • Sクラスの販売額:450・360ナノマシンクラスター
  • Aクラスの販売額:350・290ナノマシンクラスター
  • Bクラスの販売額:250・220ナノマシンクラスター
  • Cクラスの販売額:150・100ナノマシンクラスター
額は宇宙ステーションの相場に左右されるため、場所によって最大3割ほどの差が出る。
低クラスは経験者の局所向け。安定志向ならSクラス
上記の通り、CクラスとSクラスでは5倍近い価格差がある。だがCクラスモジュールの性能が、Sクラスモジュールの5分の1しかないかと言えば、そうではない。低クラスのモジュールはその種別(何の強化か)によって利用価値が違ってくる。
  • 複数項目も強化するものの場合、まんべんなく薄い向上しか得られないため、低クラスを足しても実際の行動力はさして変わらない。マルチツール関係など。
  • 1~2項目を重点強化するものの場合、うち1項目だけを狙うなら、Sクラスモジュールを1つ買うよりも、C,Bクラスモジュールを数倍買ったほうが、手早く高い総合値を期待できる。シールド強度、ジェットパック容量、環境防御、ハイパードライブ範囲など。
低クラスモジュールは「自分に何がどれだけ要るか解っている、かつゲーム序盤などでギリギリのナノマシンやりくりを迫られている場合」には、コスパの良い選択肢となりうる。言い換えると「本作のバランスを熟知しているプレイヤーが、ニューゲームし直してすぐの時」。高難度のゲームモードで序盤の快適性を高めるのに役立つ。
逆に言えば、普通に気長にノーマルモードを遊ぶぶんには、Sクラスモジュールのみを買ってゆく判断で問題ない。Sクラスのインストール結果は、C,B,Aクラスにくらべて高水準なだけでなく、項目のバラつきが少ない。着実に広範な改善を実感してゆける。
品揃えの把握が重要
テクノロジー商人の品揃えは宇宙ステーションごとに決まっている。後日また買いに来たいSクラスモジュールを見つけたら、その星系をメモしておこう。
とくにエクソクラフト用のモジュールはSクラスの取扱いがやや珍しい。それでいて車両数台ぶん揃えたくなるものなので需要は高い。買える場所は憶えておきたい。
1個ある場所へ何度も買いに行ける
テクノロジー商人のモジュール在庫は各1個しかないが、セーブをリロードするか、テレポートして戻ると、在庫は復活する。
インストール個数の制限
モジュールはアイテムケースに複数インストールできる。タブごとに3つが上限。エクソスーツ宇宙船貨物船は二種のタブにインストールできるため合計6つまでインストールできることになる。
上限を超える(いちタブ内に4つ以上同時にある)とそれら全てが機能停止する。余剰なものを「分解」するか、空いているタブに振り分けるかして、タブごと3つまでに整理すれば正常動作に戻る。
制限数は種類別にかかる
制限個数は、機能系統ごとに、別にカウントされる。たとえば宇宙船ハイパードライブモジュールを3つを付けたら、そのタブにはもう一切モジュールを使えない…というわけではない。フォトンキャノンモジュールパルスエンジンモジュール等、別系統のものであればカウントは別。各系統いちタブ3つまで付けられる。
ただしモジュールのクラスでは別扱いにならない。いちタブ内にいち系統「Sクラス3つ & Aクラス3つ & Bクラス3つ & Cクラス3つ」といったことは出来ない。いちタブ内のいち系統は「Sクラス3つ」が限界。
自作インストール品はカウント外
表示上まぎらわしいが「レシピと資源から自作する#テクノロジーモジュール」は、C,B,A,Sクラスの表記があっても別物、別カウント。それらは#アップグレードモジュールの制限個数に含まれない。
インストール結果の厳選
インストール後のパラメータはランダムだが、何回目のインストールでどんな値が出てくるのかは前もって決まっている。そのため以下の手順で下調べし、良い結果をさぐりさぐり入れることができる。
  1. 狙いのモジュールを数個、用意しておく。
  2. 一旦セーブ。
  3. モジュールをインストールしてみる。良いパラメータのものが出てきたら、それが何回目のインストールなのか、メモしておく。
  4. ロードし直す。
  5. 安いモジュールをインストール&分解して、目的の打順までインストール回数を送る。
  6. 目的の番に、目的のモジュールを、目的のアイテムケースへインストールする。先ほどと同じパラメータが出る。
回数調整は、狙いのものと同じアイテムケースである必要はない。例えばマルチツールが目的でも宇宙船のモジュールで回数調整できる。数パーセントの差にこだわりたいプレイヤーにとっては、やりこみ方法として有用だろう。
ゲームバランス上さして必要になることではないので、一般的なプレイの範疇では行わずとも問題ない。
インストール回数では厳選できないものもある
#貨物船用のアップグレードモジュール(ロスト・イン・スペースで手に入る「サルベージした○○」)は、入手した時点でパラメータが決まっている。上記の回数調整をしてもしなくても、結果は変わらない。

うさんくさいアップグレードモジュール[]

Suspicious Upgrade Modules」。v3.00で追加された、Xクラスのモジュール。一部名称から「うさんくさい」が欠けているものがあったが、v3.05で修正された。

作中世界の安全基準を満たしていないらしい、いかがわしい品。インストールすると「違法な○○アップグレード」となり、C,B,A,Sクラスのモジュールとは異なるパターンのパラメータを示す。

Sクラスモジュールを2割近く上回る数値を出す可能性があるが、たいていはCクラスモジュールを下回るほどの低性能になることが多い。かつ良い値が出ても所詮は鼻の差。Sクラス正規品に対して、劇的な性能アップとはならない。アイテムケース各タブのモジュール個数制限にもきっちり引っ掛かるので、実用性はいまひとつ。

うさんくさいハザード対策モジュール
実用性の高い例外が、エクソスーツ用の「うさんくさいハザード対策モジュール」。熱耐性、冷気耐性、放射線耐性、毒耐性の4つが同時に向上する。すなわち危険防御システム残量の減りが全般にゆるやかになる。
Xクラスによるこの改善はC,B,A,Sクラスのモジュールに無い独特のもの。リチャージ操作をわずらわしく思っているなら検討する価値はあるだろう。
  • インストール後に付く4耐性値は、最低「+2%」、最高「+10%」と思われる。
  • 危険防御システム系のテクノロジーとシナジーが発生する。サーマルレイヤーシールドラティス通気膜など。
  • 通常のモジュールと同じく、アイテムケースの「一般」に最大3つ、「テクノロジー」に最大3つの、計6個まで有効。
    • このXクラステクノロジーは、C,B,A,Sクラスのテクノロジーとは(全く別種、別物なので)別にカウントされる。ようはC,B,A,Sクラスの環境対策と併用できる。
うさんくさいモジュール一覧
  • エクソスーツ
    • うさんくさい動作モジュール
    • うさんくさいシールドモジュール
    • うさんくさい危険防御モジュール
    • うさんくさいハザード対策モジュール
  • マルチツール
    • うさんくさいマインビームモジュール
    • うさんくさいスキャナーモジュール
    • うさんくさいボルトキャスターモジュール
    • うさんくさいプラズマランチャーモジュール
    • うさんくさいジオロジーキャノンモジュール
    • うさんくさいブレイズジャベリンモジュール
    • うさんくさいスキャターブラスターモジュール
    • うさんくさいパルススピッターモジュール
  • 宇宙船
    • うさんくさい発射エンジンモジュール
    • うさんくさいパルスドライブモジュール
    • うさんくさいハイパードライブモジュール
    • うさんくさい宇宙船シールドモジュール
    • うさんくさいフォトンキャノンモジュール
    • うさんくさいフェーズビームモジュール
    • うさんくさいポジトロンモジュール
    • うさんくさいインフラナイフモジュール
    • うさんくさいサイクロトロンモジュール

入手方法は大きく分けて3通り。

トレジャーハントで運試し
惑星上、地表すぐの深さに多々あるコンテナ「埋蔵品」から得られることがある。ただし「埋蔵品」からは他のアイテムも出る。欲しいモジュールが出てくれる可能性は低い。
スクラップ業者から汚染された金属で購入
宇宙ステーションスクラップ業者が扱う「古スクラップを購入する」ラインナップに1~2種(×各1~2個)含まれていることがある(星系によって決まっている)。あれば汚染された金属で購入ができる。
  • Xクラスの交換額:おおよそ300~600の汚染された金属(要検証)
なお同ラインナップ中によくある「怪しい包み」を購入し分解することでも得られるが、何が出るかランダムなのでおすすめできない。モジュールですらない、投下ポッド座標データ修理キットが出てくることも多い。
闇商人からナノマシンクラスターで購入
こちらのほうが品揃え豊富。ただし売り手に出会える機会が少ない(プレイスタイルや星系・惑星にもよると思われるが、v3.53現在おそらく押しなべて、大抵のプレイヤーにとっては10時間に3度あるかどうかぐらいだろう)。
地上探索中、まれにNPCの宇宙船がプレイヤー付近へ着陸してくることがある(HUDに緑色の宇宙船マーカーがつく)。降りてきたパイロットに話しかけると、宇宙船の購入、アイテムの売買ができる。売っているアイテムはうさんくさいモジュール10種ほど(×各1~3個)。ナノマシンクラスターで購入ができる。
  • Xクラスの販売額:おおよそ300~900ナノマシンクラスター(要検証)
貴重な機会だからといって全品買うとなると、ナノマシンクラスター8,000くらい吹っ飛ぶことになる。歩が悪いギャンブルにしては高額。前項の通り、手間はかかるが宇宙ステーション巡りでも出会える品だということをお忘れなく。

Xクラスモジュールも、C,B,A,Sクラスモジュールと同様、宇宙ステーションアレスへ売却し、ナノマシンクラスターに替えることができる。しかし…。

Xクラスの購入→売却は差し引き大赤字になる
市場価格に対し、上記2者の店頭価格は1.3~2倍くらいの高値になっている。市場へ手放しても購入時のナノマシン全額は戻って来ない。

シナジー[]

同系統のテクノロジーやモジュールを上下左右に隣接させることにより、輪郭に色が付きボーナスが発生する。これをシナジーという。詳細は→テクノロジーのシナジー

エクソスーツ[]

宇宙船[]

通常船
生物船

マルチツール[]

エクソクラフト[]

メックタイプ
車両タイプ
潜水艦タイプ

貨物船[]

  • 貨物船アップグレードモジュール
    • サルベージしたハイパードライブアップグレード
    • サルベージした艦隊用ビーコン
    • サルベージした艦隊用燃料ユニット
    • サルベージした艦隊用戦闘部隊
    • サルベージした艦隊用貿易ユニット
    • サルベージした艦隊用探索ユニット
    • サルベージした艦隊用採掘ユニット

注釈[]

  1. 1.0 1.1 基本機能のためテクノロジーなし
  2. 2.0 2.1 特典テクノロジー
  3. XboxOneプレオーダー特典
Advertisement