Fandom


概要

v1.5からテクノロジーの仕様が変更され、機能の強化はアップグレードモジュールを使って行われるようになった。

モジュールは主に宇宙ステーションのショップで「部品を購入する」から、ナノマシンクラスターを支払って購入する。スタックされないので注意。

また、惑星上で歯車のマークで表示される「壊れたデバイス」を修理することで入手できる場合がある。

S、A、B、Cのランクが存在し、高ランクのものほど要求ナノマシン数が多く、高い効果を期待できる。

モジュールのインストール

モジュールを選択したら、任意の場所にインストールする。

インストールされたテクノロジーの名称はランダムに決定される。得られるボーナスの種類や数値も、ランクが影響するがランダムに決まる。

モジュールはランク問わず同じ種類のモジュールで3個まで設置可能で、それ以上設置すると警告が表示され機能しなくなる。ただし、一般スロットとテクノロジースロットは別扱いになっているため、一般スロットに3個、テクノロジースロットに3個という配置なら計6個の同じ種類のモジュールテクノロジーを機能させることができる。

環境防御系のモジュールは同じものを複数配置しても効果が増加しない。

エクソスーツ・モジュール

※水中防御モジュールのSは、ショップに並ばない。入手は壊れたデバイスからのみに限られる。

  • 生命維持システムモジュール
  • 動作モジュール
  • シールドモジュール
  • 水中防御モジュール
  • 放射線防御モジュール
  • 有毒物防御モジュール
  • 熱防御モジュール
  • 低温防御モジュール?(「熱防御」と誤植されている)
  • 水中防御モジュール

宇宙船・モジュール

  • パルスエンジンモジュール
  • 宇宙船シールドモジュール
  • ハイパードライブモジュール
  • フォトンキャノンモジュール
  • フェーズビームモジュール
  • ポジトロンモジュール
  • インフラナイフモジュール
  • サイクロトロンモジュール

マルチツール・モジュール

  • マインビームモジュール
  • スキャナーモジュール
  • ボルトキャスターモジュール
  • プラズマランチャーモジュール
  • ジオロジーキャノンモジュール
  • ブレイズジャベリンモジュール
  • スキャターブラスターモジュール
  • パルススピッターモジュール

モジュール考察

Sランクのモジュールであればどの装備も十分な効果が得られる。細かい数値のブレまで突き詰めるのは半ば趣味の世界になる。偶然入手したものでもなければ、Aランク以下を購入するうまみは無いに等しい。

強力な効果を目指すなら、マルチツールを除いて一般スロットとテクノロジースロットの6枚装備が望ましい。基本テクノロジーと合わせてシナジーするよう配置していこう。

エクソスーツ

環境防御系は同じ系統を複数積んでも効果がないので、6枚装備は自然と生命維持システムモジュール・動作モジュール・シールドモジュールになる。生命維持と動作6枚で移動は極めて快適に、シールド6枚でセンチネルの攻撃は痛くも痒くもなくなる。

テクノロジースロットに生命維持システムモジュール×3+酸素リサイクラー、動作モジュール×3+ロケットブーストor神経シミュレーター、シールドモジュール×3に危険物用手袋記憶星の種で無駄なく14スロットに収まる。

環境防御系はそれぞれリチャージの必要があるのでお好みで。ソジウム系は使えず、イオン電池高性能イオン電池などがリチャージに要求されるため、煩わしく感じるかもしれない。

宇宙船

積むモジュールは複数所有を視野に、宇宙船の得意分野に合わせていくといいだろう。

エキゾチック船は全てのステータスに強力なボーナスが付いているのが魅力だが、スロット数の少なさがネック。本格的にモジュールを装備するなら、アイテムスロットとしての用途は捨てた方が良い。

マルチツール

宇宙船のように複数保有はできないので、ある程度スロットの多いものを使っていきたい。

スキャナーモジュール3枚装備で動物・植物スキャン時の報酬が大きく増える。

ボルトキャスターモジュールは、バウンスショットという跳弾機能が付属してくる場合が多い。バグか仕様か、これが付いていると製造工場などの鉄扉に正常にダメージが入らなくなってしまう。

おすすめはスキャターブラスター。いわゆるショットガンで、扱いやすく強力。近接戦闘になるので、エクソスーツにシールド6枚装備しておくといいだろう。

プラズマランチャージオロジーキャノンのモジュール3枚装備は元の威力もあって極めて強力だが、爆発範囲も広がるため誤爆すれば即死の恐怖の自爆兵器と化す。ご利用は計画的に。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。