Fandom


DHwak5IU0AAmaWQ

ある トラベラーの一人

トラベラーNo Man's Sky に登場する架空の生命体

概要 編集

v1.3で追加された第四の種族。

他の三種族とは一線を画しており、支配星系もなく、評価ランクも存在しない。プレイヤーと同じ言語を使用しているため、新たに言語を覚える必要もない。

宇宙ステーションや惑星上の施設といった、生命体がいる場所で、稀に他三種族と置き換わって佇んでいることがある。

会話前にゲームを再起動すると、他三種族に戻ってしまう場合がある。逆に、通常の生命体がいる場所で会話前にゲームを再起動すると他三種族から置き換わって出現することもある。

歴史 編集

- zzkttt - ...

トラベラーは、アトラスの意志によって生み出され、自分たちの正体を知らず、終わりのない孤独と放浪を宿命づけられた者たちだ。ある者は自分の正体を、ある者は同胞を、ある者は宇宙の真実を求めて放浪を続けている。

- kkttzztt - ...

「第四の種族」「トラベラー」とは彼らの総称であるが、その容姿はまるでそれぞれが別の種族であるかのように、共通点に欠けている。体は光り揺らぎ、ホログラムのようにも見える。

彼らの言葉によると、本来トラベラー同士は出会う事も会話を交わすこともできないはずだったらしい。世界を違える者が交流する影響か、彼らとの会話は雑音が混じり - zzrttkkt - どこかずれて成立していない。

アルテミスが、アポロが、ナルがそうであるように、プレイヤーもまた彼らトラベラーの一人である。

- kkzzkt - ...

象形文字 編集

トラベラーとは会話で少数のナノマシンクラスターとユニットを交換してもらったり、資源を物々交換できるが、

DIIKyweU0AAjUkM

トラベラーの墓標

100ナノマシンクラスターを支払って「行き方を教えてもらう」を選ぶと、「未知の死亡地点」の位置を教えてもらえる。

未知の死亡地点にはトラベラーの墓標が浮かんでおり、これにアクセスすることで、ポータルの起動キーである16個の象形文字のひとつを入手できる。

しかしながら、メインミッション「浄化」にて、強制的に集めることになる。先行して集めても無視されるので、ここでナノマシンクラスターを費やす意味は全くない

メニュー画面からガイドページのカタログ、ポータル項目に入手した象形文字が追加されているのでチェックしてみよう。

トラベラーNPC 編集

トラベラーNPCは一部を除いてギリシャ神話関連の名前を持つ。

アルテミスミッション 編集

  • アルテミス
  • アポロ[1]
  • -ナル-[2]

スペースアノマリー 編集

  • イテレーション:アレス
  • イテレーション:ヘリオス
  • イテレーション:クロノス
  • イテレーション:ジェミニ
  • イテレーション:ヘスペロス
  • イテレーション:マーキュリー
  • イテレーション:テティス
  • イテレーション:アリアドネ[3]
  • イテレーション:ヒュペリオン
  • イテレーション:セレネ
  • イテレーション:エオス
  • イテレーション:ペルセス

週末ミッション 編集

  • トラベラーの英雄アステリア(Asteria, the Hero-Traveller)[4]
  • 最後の民の仲間ナルキッソス(Narcissus, ally of the Last Spawn)[5]
  • ラザラス[6]
  • ヒルデブラント[5]

注釈 編集

  1. アポロはナーダが知らないトラベラー
  2. -ナル-(-null-)はナーダが知らないトラベラー。ギリシャ神話関連の名前ではなく、ヴァイキーンのハークと争って死んだナル(Nal)の魂をマインドアークに組み込み機械の体として復活した存在と思われる。
  3. アリアドネは週末ミッションWeek32~35の間行方不明に
  4. アステリアは世界の狭間にある裂け目を破った最初の一人。かつてヴァイキーンを率いてガラスの使者と戦い、一度はセンチネルの艦隊を破ったという。既に死亡しており、魂はマインドアークに収められ、墓からは知識が得られるという
  5. 5.0 5.1 名前のみ登場
  6. ラザラスは名前のみ登場。ギリシャ神話の名前でもあるがクトゥルフ神話関連の短編小説「緑の深淵の落とし子」(カール・ホール・トムスン著)に出てくる謎の老人の名でもある。深淵関係で関わることがあるだろうか?
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。