No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement

ナノマシンクラスター(Nanite ClustersはNo Man's Sky に登場する架空の通貨。単なる通貨というには不気味な代物である。

概要[]

ユニットでは購入できないテクノロジーの設計図のリサーチやアップグレードモジュールの購入などで使用する。様々なところで必要となる。通貨の記号はナノマシンクラスター

v1.5から通貨となったためアイテムとしての姿を見ることはほぼ無くなっている。例外は精製機の精製結果。アイテムテキストはそのとき表示されるものだ。意味が分からない文章になっているが。アイテムの状態は一時的なものでいずれかのアイテムケースに転送すると、実際は入らずに所持のナノマシンクラスターとしてカウントされるようになっている。

単なる通貨ではなくセンチネルの血液でもあるようだ。そしてセンチネルコーバックスにも自身の血液を分け与えている。ナノマシンクラスター自体が何やら生きて意思を持つようでもある。これ自体がセンチネルという可能性が高い。

ゲックはかつて始まりの民と自負しコーバックスを奴隷化するという暴虐な歴史があったが、コーバックスに産卵場へナノマシンクラスターを仕込まれて、その行動原理を侵略行動から経済活動に置き換えられてしまったという。そのこと自体はコーバックスのささやかな抵抗手段ではあったのだが、人格改造も行える恐ろしいものだということでもある。→ アルテミスミッション時のパターンより

プレイヤーはストーリーで「水を飲むな」と警告を受けることがある。実は銀河の惑星の水域の半数はセンチネルの手によりゲックの産卵場と同様に既にナノマシンクラスターに汚染されているという。

原語の綴りを見ればわかるが本来は「ナナイトクラスター」と呼ぶべきもの。ナナイトにはナノマシンの意味もあるので訳に誤りがあるわけではないが、英語で書き込む際は例えば「100 nanomachines」と書いてもまず通じない。「100 nanites」と書こう。

v1.2にて新規追加された。v1.5で正式に通貨のひとつになった。

ゲーム内テキスト[]

アイテムテキスト[]

ナノマシンの高密度瘴気で、潜在力に起伏がある。これらのクラスターは安定しているが、制限のないナノマシン形態は、有機物があると望ましくない暴走反応を引き起こしかねない。

高度テクノロジーの作成に使われる。専門的なトレーダーにはかなり貴重。
原文
A dense miasma of Nanites, undulating in its potentiality. These clusters are stable, but unrestricted nanite foam can produce undesirable runaway reactions in the presence of organic matter.

Used in the construction of advanced technologies. Highly valuable to specialist traders.
DeepL翻訳 ※文章は若干整えています
密集したナナイトの塊であり、潜在的な可能性を秘めている。このクラスターは安定しているが、無制限のナナイトフォームは有機物の存在下では望ましくない暴走反応を起こす。

高度なテクノロジーの構築に使用され、専門のトレーダーには非常に価値がある。

ガイド[]

ナノマシンクラスターは貴重な素材であり、現実の亀裂から湧き出るという不思議な性質がある。装備のアップグレードを購入する際、ナノマシンを通貨として使用する。

ナノマシンはさまざまな方法で手に入れることができる。異星人のアウトポストや遺跡では、内部を調査して謎を解くことでナノマシンが手に入ることが多い。こうした場所を示す地図は、宇宙ステーションの地図製作者から購入できる。

ディスカバリーは、新しい星系で惑星に着陸したときや、分析レンズでオブジェクトをスキャンしたときに記録される。ディスカバリーをアップロードして、他のトラベラーと共有するとナノマシンが手に入る。ディスカバリーのアップロードはディスカバリータブから実行する。

トラベラーのイテレーションであるアレスとヘリオスは、スペースアノマリーに存在する。いずれも常に新しいアイテムとデータを探しており、引き換えにナノマシンをくれる。

ネクサスや宇宙ステーションのミッションエージェントから受けるミッションには、ナノマシンが大量に手に入るものが多い。

主力艦から派遣する調査隊も、大量のナノマシンを手に入れて帰還することが多い。

用途[]

入手方法[]

Advertisement