Fandom


ハイパードライブモジュール

宇宙船 > ハイパードライブモジュール



ハイパードライブモジュール(Hyperdrive Module)No Man's Sky宇宙船 にアップグレードをインストールするための消耗品。

概要編集

宇宙船のハイパードライブの性能を強化する。

宇宙船のワープ性能のもっとも重要な部分を担うモジュール。アイテムケース上の配置自体がワープ可能距離に直接かかわってくる。ワープセルの消費量を軽減する効能もあり、ワープ用の宇宙船には欠かせない。

全般的な説明はテクノロジー・アップグレード一覧も参照。テクノロジーのシナジーも参照。

v1.5にて追加された。

ワープの距離の強化編集

宇宙船のハイパードライブは単体では100光年のワープ性能しかない。それに宇宙船のワープボーナスが加わった状態が初期の状態だ。これをハイパードライブモジュールで強化することで2000光年以上のワープを可能にできる。

  • 同系統と隣接すると枠に色が付く。このとき隣接する辺の数に応じて5%のボーナスが加わる。これをシナジーという
  • ハイパードライブ範囲が+200光年で両端に同系統のものが隣接しているとき、隣接数は2辺なので
    200 + (200 x 0.05 x 2) = 220光年
  • 「ハイパードライブ(100光年) | モジュール(+200光年) | モジュール(+200光年)」という風に並んでいる場合の合計値
    105 + 220 + 210 = 535光年
  • さらに最終的な計算結果に宇宙船のワープボーナスも加わる。宇宙船のワープボーナスが65%とすると
    535 + (535 x 0.65) = 882.75光年
  • ハイパードライブモジュールは一般タブとテクノロジータブ両方三つずつ搭載することができる。ボーナスを発生させる隣接できるテクノロジーは、ハイパードライブ本体、カドミウムドライブエメリルドライブインディウムドライブ緊急ワープユニットと豊富にある
    • ボーナスはあくまでもそれぞれのベース性能が前提だ。ハイパードライブ以外のテクノロジーはワープ距離を持っていないため、あくまでも隣接数稼ぎということになる。最もボーナスが有効なハイパードライブモジュールが隣接数を多くもてる配置にしよう。配置に関してはテクノロジーのシナジーを参照。

ゲーム内テキスト(Sクラス) 編集

ハイパードライブ用の最上級アップグレード。アップグレードのインストールを開始するには□を押す。

ワープドライブの効率性と飛行距離を改善する。

データ(Sクラス)編集

  • ハイパードライブ範囲 +200~250光年
  • ワープセルの効率性 +100%[1]

入手方法編集

注釈編集

  1. 未強化ではワープセル1チャージにつき1回だけワープできるが、このモジュールをインストールするたびに2回3回…と増えていく
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。