Fandom


ブラックホール

概要編集

星系内に浮かぶ、歪んだ空間にぽっかりと空いた黒い穴。飛び込むと銀河の中心により近い星系に飛ばされ、通常のワープよりも大幅なショートカットを行うことができる。

ブラックホールの飛び先
ブラックホールごとの飛び先はあらかじめ定まっており、同じブラックホールを利用する限り同じ星系に現れる。概ねギャラクティックコアから距離が6~7,000光年縮まる球形上のいずれかの位置に現れるようになっている。プラットフォームのうちPS4とPCの飛び先は異なる。XboxはPCと同じになっている。
ブラックホールの利用の代償
宇宙船に積んだテクノロジーのひとつがランダムで破損してしまう。これは宇宙:船のテクノロジーをテクノロジースロットに移動することで回避可能。
貨物船救出ミッション
ブラックホールのある星系へのワープでは貨物船救出ミッションは発生しないが、かわりにブラックホールの出口で発生する。
その他注意点
ギャラクティックコアから13,000光年以内のブラックホールは機能しない。以前はこのようなブラックホールを利用すると、ギャラクティックコアから遠ざかってしまっていた。
ブラックホールのある星系にポータルで訪れても、ブラックホールが表示されないため利用できない。

行き方編集

偶発的に発見できることもあるが、基本的には『スペースアノマリー』で専門家ポーロからブラックホールの座標を教えてもらうことで、ブラックホールのある星系までのルートが星系マップに表示されるようになる。

また、アトラスルートを完遂するとブラックホールのある星系にマークが付くようになる。

快適に利用するには 編集

ブラックホールの飛び先が決まっているといっても、どこに飛ぶのかわからなければ旅行として使うのは難しい。そこで海外の有志によりブラックホールの出口調査が行われている。2点間の銀河座標(信号ブースターに表示される数値)を結ぶ最適なブラックホールを探すことができる。これを使えば遠く離れた目的地にワープを繰り返して向かうよりも短い時間で向かえそうだ。

Black Hole Suns DaRC Web : Distance and Route Calculator
https://j50n.github.io/blackholesuns/
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。