Fandom


ヴァイキーン

ヴァイキーン族の一人

ヴァイキーン(Vy'keen)No Man's Sky に登場する架空の生命体

概要編集

ヴァイキーンはドリンダルク星系を種の故郷とする生命体で、センチネル討伐という呪いにとりつかれている。ヴァイキーンの最高司令官のもと銀河中でセンチネルの脅威と戦う種族だ。

外見は攻撃的だが、厳格な行動規範に沿って動く。物質的なものや知識より、忠実や犠牲、名誉の死といったものを重んじ、可能であればいつでもトラベラーの支援を請け負っている。

親しくなるとマルチツールを無償でアップグレードしてくれることがある。

歴史編集

かつてヴァイキーンに偉大なるハークという指導者がいた。彼はグレートモノリスに挑戦し5回の沈黙の後6度目の叫びで目覚めさせた。そのグレートモノリスはハークにトラベラーの到来を告げた。

「彼らトラベラーと敵対してはなりません。彼らこそ無限の宇宙の中のただひとつの夢です。どこまでも旅していくべき存在なのです」

ハークはセンチネルについて尋ねたが返答はなかった。この沈黙にハークは悩むことになる。多くのヴァイキーン達はセンチネルを恐れていたが、ハークは違った。センチネルが禁じている文明の進歩と発展と戦争を望んでいたのだ。

ハークはドリンダルクの神聖な山に集まった人々に告げた。「グレートモノリスはトラベラーの到来を告げた。彼らの道を妨げてはならない!」群衆がセンチネルの脅威について尋ねるとハークは「モノリスは語らなかった!」と答えるしかなかった。群衆は満足しなかった。

そこでハークは激を飛ばした。「抑圧者を根絶する!武器を集めろ!我らの敵を清算する時が来た!」こうしてヴァイキーンは彼らの指導者を崇拝するようになった。

ハークにはナルというライバルがいた。ナルには彼を指導者とする集団がいて、ヴァイキーンの社会でハークと対立していた。この対立はゲックによるヴァイキーンの分裂工作だった。そのナルがハークが受け取れなかったセンチネルの情報をグレートモノリスから受け取った。

聖なる山の頂でハークはナルの挑戦を受けた。ナルは「センチネルを根絶することなどできない!」と言い、それにハークは激怒した。彼はナルを殺してしまう。

ナルに従う者たちは指導者を失って怒りに立ち上がった。抗争は66日の間続いたがついにナルの信奉者のほとんどが力尽きた。ハークが彼らの亡骸を調べていると、空からセンチネルの大軍が降下してきた。こうしてセンチネルとヴァイキーンの大戦がはじまった。

センチネルによって委縮していたヴァイキーンはこの戦いで新しい時代の夜明けを迎えた。彼らは戦いに耐え強く成長していった。果てしなく戦争は続きハークは老い衰え戦えなくなった。彼は先人の習いに従い自ら命を絶った。グレートモノリスの前で過ちを犯した自らを二つに裂いたのである。

ヴァイキーンは失った指導者の教えを心に戦い続けた。そして激戦の末センチネルを銀河の外縁部から押し返した。この勝利にハークは正しかったとヴァイキーンは沸き立った。しかしセンチネルは根絶されたわけではなく銀河の外の闇、聖域に逃れていた。そこで数を補充し力を蓄えていったのである。

センチネルとヴァイキーンが戦いによってともに疲弊している中、悪名高いゲックのはじまりの種族は悪逆な勢力を伸ばしていった。

はじまりの種族がコーバックスプライムを襲った時も、ヴァイキーンは抗議はしたものの具体的な行動は何もできなかった。そしてゲックの残虐さがセンチネルを呼び戻した。センチネルは世界中のいたるところに現れるようになった。

その後ゲックのはじまりの種族は奴隷化したコーバックスの不変の精神によってばらばらに解体された。彼らは変わり、銀河は平和になった。彼らの蛮行も時とともに忘れ去られていった。

しかし血塗られた歴史をヴァイキーンは忘れない。

ランク 編集

  1.  ???
  2.  ???
  3. 無害
  4. 共犯者
  5. 共謀者
  6. 味方
  7. 友好関係
  8. 特別な関係
  9. 助手
  10. 同志
  11. テンプル騎士団

クラス編集

  • 新兵
  • 士官生
  • 清算人
  • 歩兵
  • 衛兵
  • 下っ端
  • 執行者
  • センチネルハンター
  • 少尉
  • 中尉
  • 大尉
  • 領事
  • 将校
  • 准将
  • 長官

言語一覧編集

言語一覧を参照。

Tips編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。