No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement

回収データ(Salvaged Data)No Man's Sky に登場する架空のアイテム。

概要[]

建設調査ステーション建設調査ユニットで建築パーツの設計図と引き換えに必要となるトークン。惑星の地表に埋まっている。

回収データは誰かが残していった古いデータが埋まったものという扱いなので、エキゾチック惑星や無人の星系など人がいないような場所では見つからないようだ。

元は「回収されたテクノロジー」という名称だったがv2.03で変更になった。

ゲーム内テキスト[]

蓄積された古いデータで、未知のテクノロジーの残骸だ。

このままでは役に立たないが、建設調査ユニットを使えば有益なテクノロジーを回収できる。

入手方法[]

発見には分析レンズで見渡す必要がある。「埋没したモジュール」を見つけたら地形操作機で掘り出して入手しよう。一回で2~3個入手できる。

現在は分析レンズに「埋没したモジュール」と表示される。

地形操作機で掘り出して入手。掘削範囲を広げると楽に掘れる

  • シェルター(小さな二軒の空き家)の中央にある壊れたデバイスの下によく埋まっている。
  • v2.4の頃から「埋没したモジュール」の埋蔵量が非常に多い惑星が増えている。分析レンズを使わなくても見えることすらある。こういう惑星はあとで戻ってこれるように簡単な基地を残しておくと良いだろう。

用途[]

Advertisement