Fandom


(墜落貨物船)
27行: 27行:
 
中央あたりに着陸ポイントがあり、近くに積み上げられた残骸の上にガラクタ箱がある。アクセスすると多少の報酬とメインストーリーを補完するメッセージを閲覧できる?(要検証)
 
中央あたりに着陸ポイントがあり、近くに積み上げられた残骸の上にガラクタ箱がある。アクセスすると多少の報酬とメインストーリーを補完するメッセージを閲覧できる?(要検証)
   
メインは周囲に散乱・埋没している貯蔵コンテナで、アクセスして修理すると多めのナノマシンクラスターを回収できる。貯蔵コンテナを全て回ればかなりのナノマシンクラスターを稼ぐことができる。
+
メインは周囲に散乱・埋没している貯蔵コンテナで、アクセスして修理すると多めのユニットやナノマシンクラスターを回収できる。貯蔵コンテナを全て回ればかなりのを稼ぐことができる。
   
 
ただし掘り出すには「地形削岩機」、もしくは(少々強引な手段だが)「[[プラズマランチャー]]」が必要になる。
 
ただし掘り出すには「地形削岩機」、もしくは(少々強引な手段だが)「[[プラズマランチャー]]」が必要になる。

2017年8月14日 (月) 07:21時点における版

ここでは墜落船・並びに墜落貨物船を解説しています。

概要

No Man's Skyでは、惑星や月を探索中に『墜落船Abandoned starship)』を発見する事がある。

様々な仕様変更により、墜落船はスロット数ランダム、また特有のものとして「破損スロット」が生じるようになり、以前より気軽に乗り換えしにくくなった。

破損スロットは修理にユニットが必要。全てのスロットを修理しようとするとかなりのユニットがかかる。感覚としては生命体から購入するのが「一括払い」ならこちらは「分割払い」といったところか。

さらにv1.3で『墜落貨物船』が追加された。こちらは資源のサルベージが主で、乗り換えはできない。

墜落船・墜落貨物船の見つけ方

  1. 通信塔を見つける(目視で探す、生命体から「行き方を教えてもらう」等)
  2. 発見した通信塔ヘと移動し、内部に在る『ターミナル』を起動。
  3. ターミナル内でパズルを解くと『救難信号』が見つかる。
  4. 救難信号の地点に向かうと、墜落船、または墜落貨物船を発見(生成)出来る。

墜落船の乗り換え方

墜落船の操縦席に乗り込み、『船スロット表示モード』に変わった状態で、右下に『比較する』緑ボタンが出るのでそれを選択して『X』キー(PS4)を押すと、「乗って来た船」と「墜落船」の比較モードに変わる。

気に入っていれば、その状態で前の船のスロットから荷物などを移し替える事も出来るし、気に入らなかった墜落船の「装備済みモジュール」を解体して素材化する事も出来る。

荷物の載せ替えが済んだら、右下緑ボタンの『承認する』を押せば、無事乗り換え完了。

墜落貨物船

v1.3から新たに追加された墜落物。残念ながら盛大に壊れているため墜落船のように乗り換えはできない。

中央あたりに着陸ポイントがあり、近くに積み上げられた残骸の上にガラクタ箱がある。アクセスすると多少の報酬とメインストーリーを補完するメッセージを閲覧できる?(要検証)

メインは周囲に散乱・埋没している貯蔵コンテナで、アクセスして修理すると多めのユニットやナノマシンクラスターを回収できる。貯蔵コンテナを全て回ればかなりの数を稼ぐことができる。

ただし掘り出すには「地形削岩機」、もしくは(少々強引な手段だが)「プラズマランチャー」が必要になる。

また貯蔵コンテナの修理にはが60必要になる。全て修理するとかなりの鉄が必要になるが、墜落貨物船は範囲が広く、気軽に周囲の岩からを補充出来ないので、事前に多めに準備してから回収に向かうといいだろう。

Tips

  • 修理も可能だが、分解する事で『資源』や『テクノロジー』を入手する事も出来る。

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。