No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki
Advertisement
No Man's Sky (ノーマンズスカイ) 日本語Wiki

概要[]

本作は探索と発見を主眼としているが、戦闘が必要なミッションも発生する。

戦闘は宇宙船による宇宙での宇宙戦闘と惑星大気内での空中戦闘、惑星の地表でのエクソスーツでの地上戦闘、エクソクラフトに乗車した状態での戦闘がある。

宇宙船での戦闘[]

宇宙空間でも大気圏内でも戦闘は同じ
大気圏内ではパルスジャンプできないが、戦闘中は宇宙でもパルスジャンプできない為、条件は同じとなる。
右下に交戦中の敵が乗っている船が表示される
切り替え可能だが、一機一機確実に倒していこう。複数の敵機から狙われると厳しい。つまみ食いは厳禁だ。
宇宙船は背後からの攻撃に弱い
宇宙船は背後が弱点だ。自分も敵も大ダメージを受けることになる。背中を見せて逃げ回ると勝てるときでも負けかねない。敵機の攻撃は正面から受けて立とう。その状態が最も強固だ。なるべく背後を取られないように立ち回り、可能なら敵機を背後から撃とう。
シールドのリチャージをあきらめない
あきらめず粘り強くディフレクターシールドをリチャージすること。ソジウムソジウム硝酸を十分に用意しよう。
武器を強化しよう
攻撃はやはり最大の防御だ。武器の強さが大事になってくる。シールド強化も大事だが背後から撃たれてしまうと強化していても厳しい。
標的に十分注意する
ゲームシステム的に味方に類する物に一発の流れ弾も許されない。緑の航跡を残すのが味方船。赤い航跡を残すのが海賊船。だが護衛のセンチネルも色合いは異なるが赤い航跡なので注意。
貨物船のスペースレスキューミッションの場合、貨物船に当ててしまうとミッションは失敗となる。実は貨物船に当てても敵機が残った状態なら、スペースアノマリーに入れば誤射状態はリセットされる。簡単にあきらめないように。
また味方船に当たると即座に敵対される。こちらは星系を出るまでずっと粘着される。撃墜してしまえばいいのだが、星系の種族の評価が下がってしまう。別に頼んだわけではないし、戦力として当てにしているわけではないので、複雑な気分になるが…。
逆に貨物船を襲ってみよう
なかなか手に入らない回収されたフリゲートモジュール。これを効率的に手に入れる方法がNPCの貨物船団を襲うことだ。貨物船はコンテナ部分が破壊可能。貨物内容が出ないコンテナにはナノマシンクラスターが入っている。貨物船を襲っても星系の種族の評価は下がらない。ただし周りの小さなコンテナシップには注意。破壊した場合は星系の種族の評価が下がってしまう。
貨物船、宇宙ステーションなどを攻撃するとセンチネルが襲ってくるが、スペースアノマリーに入れば解除される。うまく立ち回ろう。
一般の宇宙船も狙ってみよう
着陸しようとした小規模な開拓地にNPCの宇宙船がいたら…。星系の種族の評価が下がってしまうが、邪魔者は宇宙船の武装で排除してしまおう。宇宙船を破壊してもセンチネルは襲ってこない。

宇宙戦闘にどうしても慣れない場合[]

戦闘したくないとき
宇宙船の主観視点でコクピットのコンソールの丸いマークが反応するのが海賊が襲ってくる兆候。ただしこの時点ではどこに着艦しようと状況は変わらない。通信が来たら物資のスキャンが始まるのでスペースアノマリーを呼び出して逃げ込もう。すると敵のスキャンは失敗となり襲撃はキャンセルされる。
固定砲台になろう
背後を取られないようにと言っても難しく思うかもしれないが、できるだけ速度を落として固定砲台のように敵に方向だけ合わせて攻撃するだけでよい。一機だけが相手ならこれで背後を取られず、落ち着いて「弾を当てる」という感覚に慣れやすい。ただし3隻以上相手にするとなるとシールドが持たないので、戦闘中でもシールドは回復しよう。
偏差射撃は廃止された
以前は敵機を視界内に捉えると、敵船進行方向の先に小さな丸が表示されそこを射撃すると偏差射撃となってダメージが与えられた。この仕様はなくなっており、大まかに敵機を捕えると照準が赤くなり、そこで撃つことで自動的に調整され敵機にダメージが与えられる。しかし勝手に貨物船のコンテナに弾が飛んでいくこともあり、注意が必要だ。
「減速」が大事
戦闘では大体4種類の局面がある。それは「索敵」する。敵に「接近」する。「対面で射撃」しあう。すれ違った敵を「背後から射撃」するだ。背後の攻撃は高いダメージが出る。
宇宙船は速度を落とすと旋回性能が高まる。すれ違う時に速度を落とすと素早く旋回でき、後ろから攻撃できるチャンスが生まれる。最初から「固定砲台」に徹していれば速度を気にする必要もない。
装備があれば対面で倒せるようになる
敵機が増えてくると「固定砲台」になってすれ違う戦い方を繰り返すのは包囲されてしまって危険だ。強力な武器で手早く倒す必要が出てくる。もっとも強力な武装は近接系のポジトロン・イジェクターだ。弾速が速く接近戦に強いが射程が短く有効射程に入るまで敵の攻撃を耐えなければならない。長射程で敵に先手を打てるインフラナイフ・アクセルも併用しよう。こちらは弾速が遅いため激しく動く接近戦では追いつかない。使い分けよう。
敵機はいつも単純に向かってくるだけなので「固定砲台」で対応できる。対面で迎え撃つ際に射程内まで被弾に耐えて、ここぞというときに撃てばよい。対人戦には使えない戦い方である。

おすすめテクノロジー[]

フォトンキャノン+ロケットランチャー
初期装備だがちゃんと組み合わせて使うことで未強化でも問題なく戦える。フォトンキャノンは中距離・遠距離で着実にダメージを与えられる。ロケットランチャーは一発ごとにクールダウンがあるが、いい加減な照準でも当てやすく超長距離の射程があって加えて弾速が早い。超長距離から接近戦まで使えるオールラウンダー。これらで戦うとかなり面白いのでお薦めだ。
まず射程の長いロケットランチャーで先制し、クールダウン中にフォトンキャノンでダメージを与え、近接戦闘では弾速の速いロケットランチャーの一撃。まだ倒せないならフォトンキャノンでトドメという形になるだろう。典型的なドッグファイトとなる。
インフラナイフ・アクセル
v2.60で非常に優遇されているのがインフラナイフ・アクセルだ。弾速は遅いが射程は非常に長い。先読みで撃つことにより先制攻撃を叩き込める。Q-リゾネーターは必須だが他は未強化でも十分強い。ただし高機動の接近戦では弾速の遅さがネックになる。ポジトロン・イジェクターロケットランチャーで補おう。
とはいえ、うまく先手を取り敵機が向かってくるところに合わせれば、武装を切り替えるまでもない。
ポジトロン・イジェクター
射程は非常に短いが非常に強力。敵が向かってくるところで使うと未強化でも倒しきれる。接近戦専用だけあって弾速が早く、接近時に大きく動くときも当てやすい。オーバヒートしてもすぐ回復する。背後から撃つ場合も案外やりやすい。散弾なので大味な照準でも当てられる。
オート連射が強いので押しっぱなしにしよう。接近戦というシチュエーションは実はかなり多い。敵機がワープアウトしてくる場合、いきなり接近戦だ。そして速やかに撃墜できる。慣れれば他の武器と組み合わせる必要などなく、これだけで必要十分以上に戦えてしまうことが分かるだろう。

宇宙でのセンチネルや海賊からの逃げ方[]

スペースアノマリーを呼び出すのが一番簡単だが、スペースレスキューなどリセットされない戦闘ミッションでは一定距離の逃走することでも勝利できる。緊急ワープユニットで脱出することもできるが使いたくないだろう。
交戦中に逃亡する場合後ろから撃たれると危険なので、逃げるときはまず正面から全速で突っ込もう。そのまま直進すれば敵機が反転している間に距離を離せる。振り切るにはパルスエンジンの強化モジュールを着けていないと厳しい。
うまく他星系に逃げても、スペースレスキューは残留してしまう場合がある。星系をメモしておき、いずれは倒そう。

地上での戦闘[]

地上の戦闘はエクソスーツでの戦闘が中心になる。見た目に反してエクソクラフトは戦闘に役に立たない。

強化扉の破壊
地上で最初に攻撃する必要が出るのは製造工場の強化扉だろう。マインビームではまるでダメージが入らない。しかし初期装備のマルチツールはスロットが少なすぎるため攻撃用のテクノロジーも載せられない。戦闘するにはまずは新しいマルチツールを手にいれよう。
ヴァイキーンとの会話ではマルチツールの交換を持ち掛けられることがあるが、プラズマランチャーが使えるものを勧められたらぜひ乗り換えよう。これで扉も楽に破壊でき、センチネルも倒せるようになる。ただし自爆してしまう武器なので慣れるまでは何回か死んでしまうことも覚悟しよう。
攻撃的な生物
生物の中にはこちらの姿を確認するとすぐさま襲ってくるものがいる。攻撃力はかなり高い。倒しても次々と出てくる場合もある。シールドの強化が重要になる。通常の生物はエクソクラフト乗車中には襲ってこないので活用するとよい。

おすすめテクノロジー[]

シールドモジュール
エクソスーツのシールドは、宇宙船ディフレクターシールドと違って戦闘中にリチャージできない。回復は時間で行われる。そのためシールドモジュールで可能な限り強化しておく必要がある。
プラズマランチャー
サブウェポンなのでL1キー(PS4)で発射する。地形は破壊できない。爆発範囲に巻き込まれると自分も一発で死亡する。強化すると威力が上がるが爆発範囲も広がって危険。未強化でも十分に強い。8発ほどで工場の扉が破壊できる。必ず距離をとって撃つこと。センチネルドローンもクアッドも装甲の有無にかかわらず1~3発。貯蔵庫の破壊でも威力を発揮する。
センチネルウォーカーとの戦闘では破壊済部位に当たると跳ね返ってきて危険。安全に戦えるスキャターブラスターの強化もしよう。
スキャターブラスター
地上版のポジトロン・イジェクターともいうべき散弾。三つのSクラスのモジュールで強化すれば危険なプラズマランチャーに頼る必要もなくなる。スキャターブラスターを作成するにはパグニウムが必要だがこれはセンチネルを倒したときに手に入る。まずはプラズマランチャーでセンチネルを狩っておくといいだろう。強力だが接射が必要。