Fandom


星系(英語名)No Man's Sky に登場する複数の惑星からなる惑星群。

GalacticMap

概要編集

No Man's Skyでは銀河の中を一辺400光年の立方体で約40億個に区切って領域としている。それぞれの領域の中には数百の星系が存在している。
ギャラクシーマップ上の表示については→ギャラクシーマップ

特別な星系編集

銀河は領域で区切られているが、その中にブラックホールやアトラスステーションを持つ星系が一つずつある。またギャラクティックコアに突入するには特定の星系からワープしなければならない。

PS4版のみの星系編集

v1.77まで、銀河の中の星系の分布はPS4とそれ以外のプラットフォームで一部異なっていた。Beyondではこれを統一するためにPS4の星系を他のプラットフォームに合わせた。その際PS4にしかない星系はギャラクシーマップに表示されない隠し星系となった。これらの星系はワープで向かうことはできない。しかしそこにプレイヤーの基地があるならばテレポートすることは依然として可能だ。
Beyond以降に発見された星系は全プラットフォームで共通ということになる。

構成編集

星系は恒星と惑星や月で構成される。恒星はMAP外にあるため近付くことは出来ない。惑星と月は合わせて1~6存在する。 通常の星系や放棄された星系には宇宙ステーションが存在する。
惑星や月の周辺に無数にある岩塊は破壊すると資源を得ることができる。

移動方法編集

星系間を移動するには宇宙船ハイパードライブ を搭載し、ワープセル を補充しておく必要がある。その状態が整ったら宇宙上でMキーを押してギャラクシーマップを開き、行きたい星系を選択することで移動が可能となる。一度に複数の星系間をジャンプしたい場合はハイパードライブをアップグレードすることで可能となる。
星系の色によるワープの条件に付いては→ギャラクシーマップ

星系のマーカー一覧 編集

アイコン 名称 説明
宇宙ステーション
宇宙ステーション 星系に1基存在する可能性があるが、
無人の星系には存在しない
画像 貨物船 着艦できる貨物船。近付くと表示される
空間異常
スペースアノマリー 特定のミッションで出現、もしくはワープ後、

惑星上にいると低確率で出現

アトラスインターフェース
アトラスインターフェース アトラスステーション
救難信号
救難信号 海賊の攻撃を受けている貨物船団

惑星 編集

星系内に1~6個存在する。惑星にもサイズ差があり、大きなサイズのものは月を持つ。

編集

大きな惑星の近くに1~2個浮かんでいる超小型の惑星。

小惑星群 編集

大小さまざまな岩や結晶が浮かんでいる。パルスドライブを用いない通常加速で飛んでいればすぐ発見できる。

フォトンキャノン等で破壊することで、岩石からは三重水素が、結晶からはプラチナが手に入る。

宇宙ステーション 編集

星系に一基、星系空間の中央付近の惑星近くに設置されているステーション。ワープ後、プレイヤーの宇宙船は基本的に宇宙ステーション付近にワープアウトする(スペースアノマリーやアトラスステーションがある場合はそちら付近が優先される)。

星系内における活動の拠点で、トレーダーショップやミッションボード等、様々な施設が設置されている。

v1.5から廃棄された宇宙ステーションや、そもそも宇宙ステーションが存在しないパターンが追加された。

貨物船団 編集

プレイヤーが着艦できる貨物船と、その周囲を取り囲む小型の貨物船で構成される。元々星系内に存在するものと、ワープアウトして出現するものがある。貨物船の荷物や小型貨物船に攻撃すると物資を奪い取ることができるが、貨物船の反撃とセンチネルの襲撃を受けてしまう。

スペースアノマリー 編集

極稀に星系内に紫色のアイコンで表示される特殊宙域。ボールのような形をした宇宙船で、内部にはゲックの研究者ポーロと、コーバックスの祭司ナーダがいる。

アトラスステーション編集

祭司ナーダからアトラスへの旅路を再開すると、画面右下に「アトラスの導き」が表示され、星系マップを開くと発見できる。

ブラックホール編集

祭司ナーダからブラックホールの座標を教えてもらうと発見できる。またはアルテミスミッションを完遂すると常時表示されるようになる。現実の天体現象とは違い星系内に普通にあって突入するとワープできる。銀河の中心へ大幅なショートカットができるが、代償として船のテクノロジーの一つがランダムで破損してしまう。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。