Fandom


エクソスーツ > 水中防御モジュール



水中防御モジュール(Underwater Protection Module)No Man's Skyエクソスーツ にアップグレードをインストールするための消耗品。

概要編集

エクソスーツの水中活動用の補助酸素とは別の酸素タンクを増設する。酸素または酸素カプセル生命維持ジェルで補給する。

エクソスーツの補助酸素は所持している酸素からはリチャージできず、水底に生えているキャンドルケルプから採取することで回復する。そのため深い海中との行き来では途中で不安になる部分がある。またかなり近寄らないと採取できないため行動時間の束縛も大きい。

水中防御モジュールが有効の間、本来の補助酸素は消費せず逆に回復する。これは補助酸素をリチャージできる機能ともいえるだろう。水中活動が予測されるときは、Sクラスでなくてもリチャージ機能目当てに装備したほうが良いだろう。

全般的な説明はテクノロジー・アップグレード一覧も参照。

v1.5にて追加された。

水中活動のさまざまな手段の利点と欠点編集

水中防御モジュール
Sクラスであってもあまり長時間潜水はできないことが欠点だが、シールドも生命維持システムにも影響がないため、戦闘しても支障はない。なるべく節約して利用するならシールドにダメージが発生するまで放置して、それからリチャージするとよいだろう。
酸素リルーター
水中防御モジュールに近いことができる。こちらの良いところは補給を生命維持システム1系統にまとめることができることだ。生命維持システムをフルで強化しているなら長時間の活動が可能になる。しかし特にジェットパックの利用では急速に消耗する。もしエネルギーがなくなれば移動と補助酸素両面からダメージを受けることになる。
シールドモジュール
シールドモジュールをフル装備しているなら補助酸素の枯渇後にシールドで耐えつつキャンドルケルプを採取することも可能だ。ただしシールドでダメージを吸収するとエフェクトが発生するので落ち着かないだろう。戦闘するのはちょっと心もとない。

ゲーム内テキスト(Sクラス) 編集

エクソスーツ通期膜用[2]の最上級アップグレード。アップグレードのインストールを開始するには□を押す。

水中での活動可能時間を大幅に延長させる。

入手方法編集

注釈編集

  1. Sクラスの水中防御モジュールは説明文では最上級と書かれているもののサブ名称は上級となっている。もともとSクラスが存在しなかった。現在はスライドしてCクラスが廃止されている。
  2. 通気膜の誤りと思われる
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。