FANDOM


ゲーム開始とともにスタートするメインミッション。

チュートリアルを兼ねており、星系間移動に必要な装備や基地建設に必要な知識を入手できる。

1 編集

私のエクソスーツが墜落した宇宙船のもとに向かうよう指示してくる。

制御盤に触れると反応があったので、この船は私のものらしいことがわかる。

だが私自身には記憶がなく、何も思い出せない。

0.基本知識
  • 危険防御システム
ゲージが0になる少しずつダメージを受け、最後には死亡してしまう。
リチャージは、スキャンで「Na」と表示される黄色いアイコンの付く花から採集できるソジウムが基本。洞窟や建造物、宇宙船に乗り込むことで自然回復する。
  • 生命維持システム
ゲージが0になると死亡する。走ったり、ジェットパックを使うと減少が早まる。
リチャージは、スキャンで「O2」とアイコンが表示される、赤い花から採集できる酸素が基本。
  • マインビーム
R2ボタン(PS4)で発射できる。岩石や植物などに当て、資源の採掘に使用される。
リチャージは、周辺の植物から採集できる炭素、もしくは赤い結晶から採れる濃縮炭素を使う。もし使い果たしてしまった場合、R1ボタン(PS4)で出せるパンチでも無理やり採集できる(最終手段なので、こうなる前に資源を集めてリチャージしておくように)
  • セーブ
一つのセーブデータの中に二つのセーブ情報が入っている。それは宇宙船の乗り降りで行われるオートセーブと各種設備で手動で行うマニュアルセーブである。ゲーム再開時には新しい方のセーブが選ばれてロードされるので特に意識せずに遊ぶことができるが、オプションから別々にロードができるようになっている。マニュアルセーブを意識して行うことは重要。
1.危険防御システムを維持しつつマルチツールを修理する
いきなり危険防御システムが減少した状態でスタートする。まずは冷静にオプションボタン(PS4)でメニューを開き、サブミッションに従ってスキャナーを修理しよう。
修理が完了したらR3ボタン(PS4)でスキャンを行い、「Na」と表示される黄色いアイコンの付く花を探す。この花から採集できるソジウムで、危険防御システムをリチャージできる。サバイバルやパーマネントデスモードでは、スキャナーのチャージがとても遅いので注意。
  • マルチツールの修理:スキャナー
フェライト塵×75:フェライト塵は周辺の岩石から採集できるので、マインビームを使って破壊しよう。修理はアイテムケースから行える。
2.宇宙船の信号を調べる
スキャナーの修理が完了すると、自分の宇宙船の位置がアイコンで示されるので、その地点に向かう。
3.宇宙船とマルチツールシステムを修理する
宇宙船の墜落現場に到着したら、宇宙船に乗り込む。「船体システムの修復」を選択すると、「発射エンジン」と「パルスドライブ」の修理を要求されるので、サブミッションに従って進めていく。宇宙船に向かうまでに破壊できる岩を数個破壊しフェライト塵x200、木を数本破壊して炭素x50、酸素を含んだ植物(O2の表示)も数個拾っておくスムーズに進む。
  • パルスドライブの修理その1
まず、フェライト塵×50から金属プレートをクラフトする。クラフトはアイテムケースの空のスロットを選択し、×ボタン(PS4)で行える。クラフトが完了したら、パルスドライブにアクセスし、要求されている部位に金属プレートを使用する。
  • パルスドライブの修理その2
部位の修理が終ったら、残りの部位の修理に必要な、気密シールを入手するための指示に従う。すぐ近くにある遭難ビーコンにマーカーが付くので、これにアクセスし、ナビゲーションデータを手に入れる。
ナビゲーションデータはそのままでは使えないので、信号ブースターを作成する。
金属プレート×1:(フェライト塵×50)
カーボンナノチューブ×1:(炭素×50)
ソジウム×15
を準備したら、方向キー上(PS4)でビルドメニューを開き、信号ブースターを設置する。設置したらアクセスし、「データを入力」を選択。次に「救難の頻度をスキャンする」を選択すると、マーカーが表示されるのでその地点に向かう。途中で必ず嵐が来る。
マーカーの地点には小さなシェルターがある。内部のホロアーカイブにアクセスし、気密シールを入手。宇宙船の元へと戻ろう。
  • 発射エンジンの修理その1
発射エンジンの修理に必要な資源は、「ポータブル精製機」を用いて精製を行うことで入手できる。
金属プレート×1:(フェライト塵×50)
酸素×30
素材を用意したら、ビルドメニューから設置する。燃料に炭素、濃縮炭素が必要になるので集めておく。
  • 発射エンジンの修理その2
ポータブル精製機を使えるようになったら、資源を投入する。
ピュアフェライト×50:フェライト塵×100で精製
二水素ゼリー×1:二水素×30で精製
精製が完了したら、発射エンジンを修理する。ポータブル精製機は〇ボタン(PS4)でアイテムとして回収し、持ち運びできる。この先も重要なアイテムになるので回収しておこう。
4.惑星から飛び立つ
ようやく宇宙へと飛び立つことができる。R2ボタンで発進する。
  • 信号ブースターとポータブル精製機はこの先もずっとお世話になるので忘れず回収しておくこと。ただしこれらはチュートリアルで作った通りいつでも作れるので、アイテムケースがいっぱいになったら優先的に削除する心づもりでいよう。
  • 宇宙船の周りには「壊れたデバイス」があり、アクセスには有色金属x25が必要だがこの時点では銅が掘削できないのためあきらめることになる。実は「ロケットランチャー」を解体すると銅x100が手に入り、精製することで有色金属x50が手に入るが大したものは手に入らない。パーマネントデスモードの場合は、ここでは温存したほうがいいだろう。

2 編集

墜落した船は私のコマンドに反応した。やはり私の船だったようだ。

どうにか修復して再び飛べるようにはなったものの、墜落の原因は分からないままだ。

1.謎の信号を追跡する
謎の通信とともにどこかの惑星の座標を受け取る。通信の発信源であるようだ
2.貯蔵庫を見つける
表示されたマーカーのところにある、壊れたデバイスにアクセスする
入手:基地コンピュータと地形操作機の設計図
3.基地建設:地形操作機を作成する
基地コンピュータを作成するには有色金属x40が必要だが、有色金属を作るには銅x80が必要だ。銅を得るには地形操作機を作らねばならない。
地形操作機
二水素ゼリー×1
カーボンナノチューブ×1
で作成。
4.基地建設:有色金属を集める
解析バイザーで周囲を調査すると、銅の鉱脈が見つかる。鉱脈は地形操作機の掘削モードで掘削する必要がある。:地形操作機:△ボタンで武器モードを変更、〇ボタンで採掘モードに変更(PS4)。 
5.基地を建設、機能させる
基地コンピュータは基地建設のために惑星の所有登録をするための装置。装置を中心に半径150uの範囲で基地を建設することができる。宇宙ステーションのテレポーターの飛び先にもなる。
基地コンピュータ
有色金属x40
入手:基本の部品の設計図の一部
※テレポーターはこの時点ではオフラインで利用できない。チュートリアルを進めよう。
6.基本の部品で基地を建設する
建設メニューで一室作成する。地形操作機が作成モードの場合は建設メニューが動作しないので注意。
床、3方を壁、一方を入口、屋根(床と同じものでよい)
※ある程度完成したところで、必ず嵐が来る。嵐が発生しない惑星でも来ます。
7.設計図分析機を作成
基地コンピュータにアクセスすると、設計図分析機の設計図が得られる。作成する。
入手:設計図分析機の設計図
磁化フェライトx20
カーボンナノチューブx1
8.基地モジュールの発見:設計図を発掘する
解析バイザーで周囲を調査すると、「埋没したテクノロジー」が見つかる。マーカーをつけて接近し、地形操作機の掘削モードで掘り返す。「回収されたテクノロジー」が得られる。
基地に向かうときまた嵐が発生。
「回収されたテクノロジー」は設計図分析機で設計図を購入するための通貨。なにか購入する。
※設計図分析機で購入できるもの →設計図分析機
9.基地のコンピューターのアーカイブスを調べる
10.宇宙ステーションに向かう
生命体に尋ねて回る。4名ほど話しかけると質問に答える生命体が現れる。話しかけた生命体にはその後もずっと恐れられてしまうのでショップの店員などは避けたほうがいいだろう。受け答えが得られると同時に信号を受け取る。
11.救難信号に向かい調査する
貨物船の残骸が見つかる。
バグのケース:貨物船がない場所にマーカーがある場合はどうにもならない。セーブからやり直しても同じことになる場合は、最初からやり直すしかない。

3 編集

奇妙な信号に導かれ、さびついた貨物船の残骸にたどり着いた。

中にはハイパードライブの設計図が、奇妙なメッセージと共に残されていた。

どうやら、誰かが私に何かを伝えようとしているらしい。

入手:ハイパードライブの設計図
1.ハイパードライブの作成:マイクロプロセッサーを集める
宇宙ステーションに戻り、マイクロプロセッサーx5を購入する。95,000ユニットが必要。
ここまでミッション優先で来るとユニットはほとんど溜まっていない。アステロイドを破壊して、銀と金を売ればなんとかなる。
2.ハイパードライブの作成:有色金属を集める
銅x250を集めて、有色金属を作成する。
3.ハイパードライブを作成する
マイクロプロセッサーx5
有色金属x125
次なる答えを求めて宇宙に飛び立つ。送信者不明の信号を受信する。
4.ワープ燃料の作成:反物質を見つける
信号の発信地は廃墟。粘液にまみれたターミナルから反物質と反物質格納容器の設計図を手に入れる。
※注意:ここでインベントリがいっぱいだったり反物質を売却してしまうとはまってしまうようです。バグは既に修正されていますが安心できません。インベントリがいっぱいの時は巻き込まれて設計図も手に入らなくなるようです。下記が入手ができてないならマニュアルセーブからやり直しましょう。
入手:反物質、反物質格納容器の設計図
5.ワープセルの作成:反物質ハウジング
反物質格納容器を作成する。
酸素x30
フェライト塵x50
6.ワープセルの作成
ワープセルを作成する。
反物質x1
反物質格納容器x1
7.ハイパードライブに燃料を補給する
8.宇宙に飛び立つ
ギャラクシーマップを開き、別の星系にワープする。

4 編集

ハイパードライブを製造した。これが謎の恩人の望みなのだろうか?

そもそも、あのメッセージは本当に私あてだったのか?

私はたまたま無関係な計画に首を突っ込んでしまっただけなのでは?

いずれにしろ、今は示された道をたどるしかない。

1.手がかりを探す
スキャンでマーカーの付く交易所にいる生命体と会話する。
入手:反物質のレシピ
2.反物質の作成
反物質を作成する。
有色金属x25
濃縮炭素x20
3.ハイパードライブに燃料を補給する
4.他の星系にワープする
ギャラクシーマップを開き、別の星系にワープする。※まだ宇宙ステーションに立ち寄ってないなら行っておこう

5 編集

この道から離れた生命体は、恒星間飛行に必要なすべての知識を与えてくれた。

私は探索の旅を続けるべきなのだろう。

  1. 宇宙船の自動ガイドシステムに従う
    マーカーの付いたモノリスで、質問に回答し、ワープセルを入手。
  2. 謎の後援者を探す
    宇宙に出ると選択肢が出るので、「答えを探す」か「自由に探索する」かを選択する。
    「答えを探す」を選ぶと、アトラスルート:アトラスへの道が開始
    「自由に探索する」を選ぶと、ここで終了。
    ※アトラスルートにはスペースアノマリーにて戻れる
    ミッションボードが利用できるようになる。
    ※オフラインだったテレポーターが利用できるようになる
  3. 「目覚め」ミッションの項目が消えるが、その後、二回ほどワープを行う。
    貨物船救出」ミッションが発生する。
    スペースアノマリー」に遭遇する。
    奇妙な通信が入り、メインミッションの続きが発生する。

6 編集

奇妙な通信が入った。発信源はわからない。

何者かの声が聞こえるが、どうやら私ではない誰かに対して話しかけているようだ。

通信は始まった時と同じように唐突に切れた。そして一組の座標が送られてきた。

1.信号を調べる
宇宙船に通信が入るので、クイックメニューから宇宙船通信機を選択し、質問に回答する。
スキャンを行い、マーカーの付いた場所にある墜落船横の救難ビーコンを修理。情報を抜き出す
アルテミスミッション:星々の中で独りが開始