Fandom


ビルドメニュー > 電池


電池(Battery)No Man's Skyのビルドメニューから建築できるパーツ。


概要編集

電池はビルドメニューから建設できる。

ソーラーパネル とともに運用するとよいが、バイオ燃料リアクターの余剰分などを蓄積してスイッチで運用することもできる。

放電時の残り時間表示がなぜか放電開始からの経過時間の表示になっている。

ゲーム内テキスト 編集

非常に効率のよいエネルギー貯蔵装置。電力グリッドに接続し、オンボードの電力管理回路は余った電力を自動的に引き出して充電に回すことができる。

供給されている以上の電力をグリッドを引き出そうとした場合、バッテリーから自動的に電力が供給されて不足分を補う。

データ編集

  • 最大充電速度 50kP/s
    • 充電容量 45,000kP
    • フルチャージまでの必要時間 15分(900秒)[1]
  • 最大放電速度 50kP/s
  1. 15分は惑星上の一般的な日中・夜間の時間と等しい。ソーラーパネルは日の出・日の入りのタイミングで2分程度発電量が半分になるため、ぎりぎり(消費50kPに対してソーラーパネルx2+電池x1)で運用する場合、フルチャージまで充電できないがその時間はソーラーパネルのみで賄えるため電力が途切れることはない。

レシピ編集

入手方法 スペースアノマリー建設調査ステーション
必要回収データ:3
必要資源
磁化フェライト:60
濃縮炭素:100
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。