Fandom


Golgua Osaki星系とは、確認した限り、現在のNo man's skyの通常銀河における、最も遠い恒星系である。

また、銀河の中心から、826432光年の距離がある。

惑星について。 編集

現時点で、発見はされておらず、80万光年より外側で星系を発見した人物は確認できていないため、恒星も発見されていないことになっている。

星雲未生成及び限界点 編集

現在、830000光年より先に、恒星の存在は確認されていない。

それにともない、以下の仮説が存在する。

  • 830000光年~826433光年の間に恒星系がすでに生成されている。
  • 830000光年限界点を3~4光年超えた、バグ多発地帯の恒星系の存在

なお、800000光年より先には、惑星や恒星系を生成中なものもあるため、実質到達できない恒星系もある。それに伴い、800000光年より先には、星団の異常広域分布(エリアが本来変るはずのところも、星団名が更新されない仕様)も確認されている。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。